浜辺美波が子役時代に三浦春馬と僕のいた時間でドラマ共演

女優の浜辺美波は、子役時代から多くのドラマに出演していますが、2014年にはドラマ「僕のいた時間」で三浦春馬や多部未華子とも共演していました。

今回は、浜辺美波の子役時代の画像や三浦春馬との共演について、それから子役時代から可愛すぎると言われた浜辺美波の当時の画像を紹介します。

また、浜辺美波が子役時代にカレーのCMにも出ており、CM出演動画などもいくつか紹介したいと思います。

浜辺美波が子役時代に三浦春馬と共演したドラマは『僕のいた時間』

現在、浜辺美波は映画やドラマなどで活躍していますが、子役時代にも朝ドラの「まれ」など多くのドラマに出演していました。

また子役時代には、ドラマ「僕のいた時間」で三浦春馬とも共演しています。

このドラマは、主人公である三浦春馬ふんする澤田拓人が、ある人突然にALSといいう難病に侵され、余命がわずかとなったことで、家族や恋人との関わりを模索していくという物語です。

ヒロインには多部未華子が演じ、このドラマは三浦春馬が希望して制作されることが決まり、1年近くかけて作られた命を題材にしたドラマとなっています。

このドラマでの浜辺美波は、家庭教師をしている拓人(三浦春馬)の教え子であり、桑島すみれという役でした。

この時三浦春馬は23歳で、浜辺美波は13歳でしたが、小学5年生役を演じました。

当時の浜辺美波は、今後の目標について「経験したことのない感情や想いを、表情や動きできちんと表現できるようになりたい」と語っていました。

浜辺美波の子役時代が天使のような可愛さ

浜辺美波が芸能界にデビューしたきっかけとなったのが、2011年の第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、浜辺美波はこのオーディションに応募し、みごとニュージェネレーション賞を受賞しています。

浜辺美波は、その受賞によって芸能界入りを果たし、同年には映画「アリと恋文」で主演女優を演じデビューしています。

その時、浜辺美波はまだ10歳でしたが、天使のような可愛らしさだと言わるほど、愛くるしい顔立ちで注目されていました。

浜辺美波によると、「子役時代から活動していて、ずっと大人に交じって仕事をしてきたため、当時から子供という意識がありませんでした」と話しています。

そんな浜辺美波は、その後も多くの映画やドラマに出演し、映画では2015年4月1日に公開された「エイプリルフールズ」に訳あり小学生の江藤里香役で出演しています。

また、2017年に公開された映画「君の膵臓をたべたい」で、いっきに注目されるようになりました。

この「君の膵臓をたべたい」の時の浜辺美波は16歳であり、映画では実際の浜辺美波とは正反対の女の子を演じています。

この映画は住野よる氏による原作であり、2016年に「本屋大賞第2位」となるなど、多くの賞を受賞したベストセラー小説で、美しくも泣ける物語として話題になりました。

浜辺美波はこの映画で、重い膵臓の病をもつヒロイン「山内桜良」を演じましたが、自分の病気をジョークにして笑い飛ばすような山内桜良とは違い、自分の性格はしゃべるのが苦手な内向的な性格だと自分を分析しています。

テレビドラマの初出演は12歳の時で、2012年3月31日に放送された「クルマのふたり~」で、奥村ひとみ役を演じています。また、同年の7月2日から9月17日に放送された「なにわ少年探偵団」では、6年2組のマドンナ朝倉奈々役を演じました。

また、16歳の時に初めてテレビアニメに挑戦し、2016年7月16日に放送された「ONE PIECE~ハートオブゴールド~」のミスキナ・オルガ役を演じています。

子役時代の写真は過去の記事でまとめています。

浜辺美波は子役時代にカレーのCMにも出ていた

浜辺美波はドラマで子役時代から活躍していたのですが、ドラマだけでなくCMにも数多く出演しています。

その中でも浜辺美波が、子役時代に出演していた印象的なCMに、ハウス食品のバーモントカレーがあります。

バーモントカレーのCMでは、2011年の「おかえりバーモント編」、2012年の「青空バーモント編」、2013年の「元気の秘密編」、「子供合唱編」などに出演していました。

初めて浜辺美波がバーモントカレーのCMに登場したのが10歳の時でしたが、バーモントカレーのCMは、12歳で出演した2013年4月の「子どもの合唱編」まで続きました。

2011年の「おかえりバーモント編」では、相葉雅紀と共演した子供時代の可愛い浜辺美波を見ることができますが、次にその動画を紹介します。

ハウスバーモントカレーCM 相葉雅紀 浜辺美波

浜辺美波は、ハウスバーモントカレーのCMの他にも子供時代に多くのCMに出演しています。

たとえば、2011年にハウス「シチューミックス」では、西田ひかるの娘役として出演しています。

また、2014年8月の14歳の頃にインターネットサービス「ネスク」のCMに出演していますが、この時には既に大人の雰囲気がありました。

2015年11月には、「リトルノア」の商品イメージモデルとして出演していましたが、この時の浜辺美波は15歳でした。

そんな浜辺美波の、貴重なCM動画を紹介します。

浜辺美波CM集① 2011年~2015年

浜辺美波が17歳だった2018年の「JA共済」のCMでは、浜辺美波がまだ赤ちゃんだった頃の写真が公開されていました。

2歳か3歳くらいでしょうか?そんな時代の浜辺美波の写真も見ることができます。

その写真では、すでに現在の浜辺美波そのままに、パッチリした目など整った顔立ちの可愛すぎる赤ちゃん時代の浜辺美波も公開しています。

このCMでは、赤ちゃんだった浜辺美波が除々に成長していき、小学校入学のときの浜辺美波、着物姿の浜辺美波、そして大人になった浜辺美波、どれも可愛すぎる浜辺美波の姿が映し出されています。

浜辺美波、CMで可愛すぎる少女時代の写真を公開 「JA共済」新CM

また、浜辺美波が大人になった17歳からは、三井不動産商業マネジメント「ららぽーと」のCMに出演し、母親役の自由奔放な木村佳乃を見守るしっかり者の娘を演じています。

まとめ

  • 浜辺美波は、ドラマ「僕のいた時間」で三浦春馬と共演
  • 浜辺美波は子役時代から可愛すぎると言われていた
  • 浜辺美波はデビュー当時から多くのCMに出演している

コメント

タイトルとURLをコピーしました