宮下草薙の宮下兼史鷹の父親は『群馬最強伝説』桜井マック英樹!


Photo by Twitter

新ジャンルと言われているネガティブ漫才で人気急上昇中のお笑いコンビ宮下草薙ですが、最近話題なのはテレビ出演の多いネガティブな草薙ではなく、相方の宮下兼史鷹が注目されています。

性格には宮下兼史鷹の父親が話題なのですが、なんと『群馬最強伝説』の異名を持つ地下格闘家の桜井マック英樹が父親だと言うことが判明したのです。

今回は宮下兼史鷹の父親について触れながら、宮下兼史鷹も特集していきたいと思います。

スポンサーリンク

宮下草薙の宮下兼史鷹の父親とは

2019年5月6日放送のフジテレビ『石橋貴明のたいむとんねる』に宮下草薙がコンビで出演したのですが、石橋貴明へのネタ見せ中に草薙がネタを飛ばす失態をおかしてしまい、それを挽回しようと相方の宮下兼史鷹が自身の父親についてトークを開始しました。

しかし、その内容が群馬で有名な地下格闘家で、『群馬最強伝説』の異名を持つというものだったため一同は笑いに包まれると同時に驚きの声が上がりました。

【以下引用】
中盤で草薙がネタを忘れてしまい18秒もモジモジしていたのだが、大悟が「ネタが飛んだ(忘れた)んじゃなくて独特の間です」とフォロー。アピールポイントのコーナーでは、宮下の父が有名な地下格闘家で「群馬最強伝説」と呼ばれていると告白。
【引用元:フジテレビ

テレビでは実際に父親である、『群馬最強伝説』桜井マック英樹の写真が公開されたのですが、両腕にタトゥーが全開に入っていたいかにも凶悪そうな出で立ちです。

父親の桜井マック英樹とはどんな人物なのか

では気になる父親の桜井マック英樹がどんな人物なのかということですが、地下格闘家ですので当然プロの格闘家ではありません。

別で本職を持ちながら、言ってしまえば趣味で格闘技の試合に出ている訳です。

では何の仕事をしているのかということですが、群馬県でコーキングという住宅などの壁と壁の隙間などに付いているゴムパッキンのようなものを塗装する塗装関係の職人さんをされていらっしゃいます。

30歳で独立し、櫻井シールで代表を務める職人歴28年の大ベテランです。

【以下引用】

櫻井シール代表 1968年5月19日、群馬県生まれ。25歳でコーキング会社に就職、30歳で独立。アルバイトも含め職歴28年。趣味は闘鶏と総合格闘技、173㎝、82㎏のマッチョな体格を誇る
【引用元:職人図鑑

宮下兼史鷹には兄弟がいる?

宮下草薙の宮下兼史鷹も番組で離婚している為名字が違うと語っていましたが、父親の桜井マック英樹も結婚を2度し、現在は17歳と14歳の女の子の子供がいると語っています。

【以下引用】
結婚は二度しているんですが、いまは17歳と14歳の女の子の子供がいます。生意気盛りで、お金がかかる年頃ですが、独り者と違って、これからも頑張らなくてはいけないというモチベーションにはなっています。
【引用元:職人図鑑

そういう意味では腹違いの兄弟になるのかもしれませんが、実はこのインタビューの中で気になる発言をしていて、前妻の息子が裕也というプロのキックボクサーで、今でもたまにスパーリングをするそうなんです。

【以下引用】
最近は試合に出ていませんが、トレーニングは続けていて、いまでもベンチプレスで160㎏をあげられます。前妻との息子は、裕也というプロのキックボクサーなんですよ。K-1やKrush.のリングにあがっているんですが、たまに彼とスパーリングをすることもあります。
【引用元:職人図鑑

ということは、必然的に、このキックボクサー裕也が宮下兼史鷹の実の兄弟ということになるでしょう。

父親の桜井マック英樹はRooky(ルーキー)という群馬発の総合格闘技イベントに出場したのですが、実は宮下兼史鷹の兄弟である裕也も出場していました。

【以下引用】

name 今井ユーヤ
出身地 高崎市
27歳

高崎でヤンチャだったユーヤ。
桜井マック英樹の息子でもある。
今年、父と10年ぶりに感動の再会をはたしたと語る。
最強のDNAは受け継がれているのか!!

キックルール

『最強の殴りあいを見せます!』
【引用元:群馬発 総合格闘技イベント【 R o o k y (ルーキー) 】

口元がどことなく似ているような気がしなくもないですね。

だた、公式に兄弟であると発言があったわけではないので、今後、兄弟に関して公式発言があった際には追記・修正をするようにしていきたいと思います。

宮下草薙の宮下兼史鷹はプロデュース力が高い?

今回父親が地下格闘家であることををカミングアウトした放送後、宮下兼史鷹自身もツイッターで、親父がウケたことをツイートしていて、格闘家の父親を親に持つという共通点から漫画『刃牙』のキャラクターを出してネタにしていました。

プロデュース業への転向はさすがに本気ではないでしょうが、実は宮下兼史鷹のプロデュース力は業界内でも非常に評判が高いんです。

ロンドンハーツに出演した際には、マネージャーから草薙の活躍は宮下のプロデュース力のおかげだと絶賛されていて、草薙しか出演しないピンの仕事でも宮下が手伝っているらしいのです。

【以下引用】
「芸人を辞めそうな草薙を拾い上げコンビを結成し、番組にも出られるようになったので、草薙の活躍は宮下のプロデュース力のおかげでもある」「草薙だけが出演する番組アンケートも手伝ってあげている」「収録終わりも草薙から、どうだったか報告を受け、それに対して駄目出しや考察を草薙に伝えている」といったエピソードが披露されると、司会の田村淳は「今回、唯一の良い話!」と絶賛。スタジオの若手芸人たちからも拍手が湧き起こった。
【引用元:芸能ニュースならザテレビジョン

宮下兼史鷹もインタビューで宮下草薙を結成した理由などを語っているのですが、草薙に惹かれて結成したコンビだと語っていて、本当にどうやったら草薙の面白さが伝わるのかと言うのを真剣に考えているのだと思います。

【以下引用】
コンビを組んでは解散していた草薙に、ピン芸人志望の宮下が声をかけた。「草薙が3回目に解散したときに、芸人をやめそうな雰囲気だったんです。この面白さを世に出さないのはもったいないと思って、自分が“じゃないほう芸人”になる覚悟で(笑)、声をかけました」
【引用元:NIKKEI STYLE

『じゃないほう芸人』になる覚悟があるというのが本気度を伺えます。

しかし、宮下兼史鷹のストイックさに相方の草薙はかなり不満を抱えているようで、2019年4月20日放送の『ゴッドタン』でコンビの悩みを『不仲』と上げています。

実は草薙を管理するために宮下はわざわざ群馬から同じアパートに引っ越してきたのですが、夜中でもネタ合わせを求められ、それが原因でコンビ中に亀裂が入ってきているようです。

【以下引用】
2人の悩みは「コンビ仲の悪さ」。草薙は、宮下が仕事の合間にずっとダメ出しをしてきたり、同じアパートに引っ越してきて夜中でも「ネタ合わせよう」と訪ねて来たり、あまりのストイックさに辟易している様子。
【引用元:テレビドガッチ

若手の時期にお金が無くてコンビで同居とかは聞いたことがありますが、それぞれ別々に住めるのに同じアパートに住むってちょっとストーカー的な怖さを感じますね。笑

草薙が不満に感じるのも無理はなく、宮下の管理の仕方には少しやり過ぎな部分もあります。

【以下引用】
ネタを書く草薙に対して頭の回転を良くさせる為にサバ缶をずっと食べさせ続けたり、自己啓発本などの書籍を草薙の玄関ポストに入れたりしているのだという。
【引用元:ニコニコニュース

サバ缶を食べさすのは面白いですが、同時に草薙がネタ書いていたんだという驚きも合わせてありました。笑

さんざんプロデュース力がピックアップされていて、実は影のブレーンは宮下なんだよ感を感じさせといて、結果ネタは草薙が書いているとのことです。笑

しかも、よくよく調べていくと、ストイックに草薙を教育しているような雰囲気を出していますが、草薙いわく、ひたすらバラエティを見させられているとのことです。

【以下引用】
草薙:(宮下に)深夜までずっとバラエティーを見させられるんですよ。僕が彼の部屋に行って番組を見て、ネタの感想とか聞かれて…。夜3時に自分の部屋に帰って、それで一息ついていると外が明るくなってきて、ちょっとだけ寝て仕事に行くみたいな。きついです。ずっと眠いし、舌がピリピリする…(笑)。
【引用元:芸能ニュースならザテレビジョン

ただ単に、宮下が草薙のことが好きで毎晩遊んでいるような感じもしますね。

草薙のネガティブキャラでブレークしてきているのは事実ですので、これが本当に宮下のプロデュース力のおかげなのであれば、ここからのステップアップをどういう戦略で進めていくのか見ものですね。

宮下草薙の草薙航基が発達障害でやばいと噂に!
アメトーークなどのバラエティで恐ろしいくらいのコミュ障ぶりを発揮し、最近では徐々に出演が増えてきている宮下草薙の草薙航基ですが、あまりにも行動がやばいため発達障害なのではという噂がネット上で広がっています。 今回は宮下草薙の草薙航基が本当に発達障害なのか検証をしていきたいと思います。

まとめ

  • 宮下兼史鷹の父親は『群馬最強伝説』桜井マック英樹
  • 兄弟はおそらくキックボクサーの裕也
  • 父も草薙も宮下兼史鷹のプロデュースのおかげ

コメント

タイトルとURLをコピーしました