宮下草薙の宮下兼史鷹の母親『恵美』は48歳までキャバ嬢!


Photo by Twitter

ネガティブ漫才で現在ブレイク中の宮下草薙のじゃない方、つっこみ担当の宮下兼史鷹(けんしょう)ですが、父親が地下格闘家という凄い経歴を持っていることは有名ですが、実は母親も48歳までキャバ嬢をしていた過去を持つ凄いキャラの人物だったのです。

今回は、宮下兼史鷹の母親の恵美さんの過去や経歴など、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

宮下兼史鷹の母親『恵美さん』は48歳までキャバ嬢だった!

2019年12月3日に放送された『ロンドンハーツ』に宮下草薙の宮下兼史鷹の母親、恵美さんが出演したのですが、軽快な話術でスタジオを笑いに包み、他の芸人の母親とは一線を画すキャラを発揮しました。

この日は、ロッチ中岡の母きみ子さん、ジャンポケ斉藤さんの母うた子さん、納言薄幸の母紀子さん、そして宮下草薙宮下兼史鷹の母恵美さんの4組が出演しました。

しかし、その中でも断トツでキャラが目立っていたのが、宮下兼史鷹の母親の恵美さんなのですが、特に話題になったのがなんと言っても48歳までキャバ嬢をやっていたことでしょう。

源氏名ルナという名前で、現役バリバリでキャバ嬢をされていました。

現在、宮下兼史鷹の母親の恵美さんは50歳なので、48歳までキャバ嬢として働いでいたということは2年前までキャバ嬢だったということですので、お若いお母さんだなって感じですよね。

ロンハー内では、キャバ嬢歴21年と紹介されていましたが、実は、2019年9月6日に関テレの『快傑えみちゃんねる』に出演した際にも、母親について語っており、この時には、48歳のときに30歳とサバを読んで働いていたことを宮下兼史鷹が明かしています

【以下引用】
母親は48歳だった2年前までキャバ嬢だったそうで、「48歳の時に自分は『30歳』って言って、18歳ぐらいサバ読んで。けっこう美魔女で。ルナって名前で」と美魔女っぷりを打ち明け、驚かせていた。
【引用元:デイリースポーツ online

もちろんキャバクラで働いているだけあり、交友関係も若い派手な女性が多くSNSでは若い女性と飲んでいる姿が確認できます。

もちろん若い時はバリバリのギャルです。(笑)

また、元キャバ嬢なだけあり、番組内でのトークも色っぽい発言をしたり非常に巧みなトーク展開でした。

好きな芸人に関する話になったのですが、宮下兼史鷹の母親恵美さんはアンジャッシュが好きと語り、その好きさを表現するあまり「もう、いじくられたい!」と勘違いさせるような言い回しで表現し、スタジオが笑いに包まれました。

【以下引用】
「好きなのはアンジャッシュ」と明かした恵美さんは、その理由について「対話のすれ違いをイジったコントが、ちょうど良く脳をいじくりまわしてくれるんですよ」と説明。加え、「もう、いじくられたい!」と、妙に色っぽい口調で付け加えたのだった。突然の展開には宮下さんが「そういう意味じゃない」と慌てて否定したほか、スタジオ内では大きな笑いが広がるなど、恵美さんのトーク力が光った。
【引用元:J-CASTニュース

また、息子の宮下兼史鷹に対しては、じゃない方芸人呼ばわりしたり、無能扱いしたりと、現在の芸能界での宮下兼史鷹立場というかいじり方を理解した巧みなトーク展開でした。

【以下引用】
次に、どんな芸人になってほしいかについては宮下さんについて、「じゃない方(芸人)じゃないですか」と指摘。加え、宮下さんについてエゴサーチをすることを明かした上で、「宮下 無能とか出てくる」と、その実情に触れたのだった。
【引用元:J-CASTニュース

スポンサーリンク

宮下兼史鷹の母親『恵美さん』の壮絶な過去

宮下草薙の宮下兼史鷹の母親、恵美さんは実は波乱万丈な人生を歩まれており、最初に結婚した男性とは離婚をしています。

離婚後に交際した男性が、なんと多重人格だったことをロンハー内のトークで語っており、キャバ嬢らしく全員からお小遣いをもらったと、しっかり笑える話でまとめていました。

【以下引用】
宮下さん出産後に離婚し、その後、交際した男性が多重人格だったと公表。主人格に加えて子供と猫がいたと明かしつつ、「お小遣いを全人格からもらった」と豪語した。
【引用元:J-CASTニュース

宮下兼史鷹の母親、恵美さんはトーク力があるので、しっかりと笑いにして伝えていますが、女手一つで育てるのはなかなか簡単なことではなく、過去には鬱になり入院をしていたこともありました。

【以下引用】
母親が心を患って入院することになったので、僕が働かなきゃいけなくなったんです。高校1年の夏休みが終わったくらいですかね。
【引用元:bizSPA!フレッシュ

そして、その後、現在の旦那である桜井マック英樹と出会います。

マック?
外人?
と皆さん思いましたよね。

これは最近では有名になってきたので知っている方も多いと思いますが、実は現在の父親である桜井マック英樹は、地下格闘技をしている格闘家なのです。

父親については過去に詳しく記事にしているので、そちらをご覧ください。

宮下草薙の宮下兼史鷹の父親は『群馬最強伝説』桜井マック英樹!
新ジャンルと言われているネガティブ漫才で人気急上昇中のお笑いコンビ宮下草薙ですが、最近話題なのはテレビ出演の多いネガティブな草薙ではなく、相方の宮下兼史鷹(けんしょう)が注目されています。 正確には宮下兼史鷹の父親が話題なのですが、なんと『群馬最強伝説』の異名を持つ地下格闘家の桜井マック英樹が父親だと言うことが判明したのです。 今回は宮下兼史鷹の父親について触れながら、宮下兼史鷹も特集していきたいと思います。

宮下兼史鷹の母親、恵美さんの人生はなかなか壮絶な感じですね。

しかし、あまりに面白いトーク展開に、今後のテレビ出演を期待する声がSNSで溢れました。

SNS上での発言にもありますが、フットボールアワーの後藤やFUJIWARAのフジモン・原西の両方の母親など、プチブレイクすると、しばらくテレビに引っ張りだこになる現状が定期的に起こりますので、今後、テレビ局各社が出演オファーに乗り出す可能性は大いにあり得ます。

今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 宮下兼史鷹の母親は48歳までキャバ嬢だった
  • 48歳のときも30歳とサバを読んで働いていた
  • 宮下兼史鷹の母親は結構壮絶な過去を持っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました