佐久間宣行が船長と呼ばれるはなぜ?ヨーソローが理由?嫁や子供はいる?

佐久間宣行は、元テレ東の名物プロデューサーでしたが、昨年フリーに転向しましたね。

『オールナイトニッポン0』ではリスナーさんから船長と呼ばれている佐久間宣行ですが、なぜなのでしょうか?

佐久間宣行がよく言っている「ヨーソロー」って?

お嫁さんや子供さんがいるのかというところも気になりますよね。

今回は、そんな佐久間宣行に関する情報をお届けします!

佐久間宣行が船長と呼ばれるはなぜ?ヨーソローが理由?

佐久間宣行が船長と呼ばれているのは、なぜなのでしょうか。

ヨーソローが理由だと言われていますが、そもそもヨーソローってなんなのでしょう?

では、佐久間宣行が船長になるまでの過程を少しずつ紐解いていきましょう。(笑)

佐久間宣行は「オールナイトニッポン0」で船長と呼ばれている

今や当然のように、愛称が船長である佐久間宣行。

佐久間宣行は「オールナイトニッポン0」で船長と呼ばれていますよね。

そう、佐久間宣行の船長呼びは、「オールナイトニッポン0」のリスナーがきっかけだったのです。

ちなみに、佐久間宣行はご自身の「オールナイトニッポン0」のリスナーのことをクルーと呼んでいます。

船長…
クルー…

なんかとっても楽しそうですけど、なぜラジオのパーソナリティとリスナーが、船長とクルーになったのか… ますます謎が増えてきました。

佐久間宣行が船長と呼ばれるのはヨーソローが理由?

佐久間宣行が船長と呼ばれるきっかけとなった理由は、締めの言葉に「ヨーソロー」を使ったからだと思われます。

佐久間宣行は、番組を締めるときに

「野郎ども港に別れを告げろ、ヨーソロー! テレビ東京の佐久間宣行でした。」

とあいさつをするのが恒例です。

ヨーソローは、船乗りが使う言葉ですね。

言葉としては、「よろしくそうろう」の略語なのですが、特定の目標物や方角に向かって、まっすぐ進むことを意味しています。

よく使われるのは「ヨーソロー」という言葉。
これは、指示した目標物や方位に船を真っすぐ向けて進めなさいという意味のもので、例えば、「○○灯台ヨーソロー」とか、「(方位)270度ヨーソロー」とかいう風に使います。
「ヨーソロー」の語源は、「宜しく候(よろしくそうろう)」という言葉が訛ったものだそうで、つまりは「船を○○灯台に向けるよう、よろしくお願いします」などと言ってることになります。
【引用元:福井新聞ONLINE

佐久間宣行のヨーソローの使い方はあっているのか、佐久間宣行はヨーソローの意味をわかっているのかは、判断しかねますが。(笑)

とにもかくにも、佐久間宣行は本来であれば船乗りしか使わないワードをラジオで言ったということなのですね。

佐久間宣行はご自身について「いつの間にか船長って呼ばれている」と話しており、たまに電車の中などで、リスナーさんに「船長、聞いてます」と声をかけられたりすることが恥ずかしいと話しています。

しかし、インパクトのあるヨーソローというワードを使ったわけですから当然といえば当然だと思います。

佐久間宣行もノリノリで、リスナーのことをクルーって呼んじゃってますからね。

けっこう、この船長呼び、気に入ってるんじゃないかと思います。

ただ佐久間宣行の方から「船長と呼んでくれ」と言ったわけではないことはわかりましたね。

佐久間宣行に嫁や子供はいるのか

2022年現在、46歳の佐久間宣行ですが、お嫁さんと子供さんはいるのでしょうか。

下の章で詳しく解説していきますよ。

佐久間宣行の嫁はテレビ東京の社員で社内恋愛

佐久間宣行は、既婚者です。

2002年、27才のときにご結婚されていますので、けっこう若い頃から既婚者だったということになります。

お嫁さんはテレビ東京に勤務していた女性とのことですが、一般女性の方なので名前や年齢、画像などは公開されていません。

職場結婚だったんですね。

佐久間宣行は、Twitterなどで家族の話を持ち出すことも多いのですが、個人情報に関することは露呈したことがないので、やはりそのあたりはしっかりされているなぁという印象です。

ちなみに佐久間宣行のお嫁さんは、現在もテレビ東京の社員として働いておられるとのことです。

結婚後も長い間、同じ職場で一緒に働いていたんですね。

佐久間宣行は、2021年3月31日でテレビ東京を退社してフリーになったわけですが、お嫁さんは「私が勤めているから、収入は得られる。好きなようにしなさい」と力強く背中を押してくれたそうです。

頼りがいのあるお嫁さんですね。

長い間、キー局の正社員として働いてこられたでしょうから、お嫁さんにも十分な収入があるのでしょう。

奥さんは佐久間宣行の制作した番組を見ない

佐久間宣行の奥さんですが、彼女は佐久間宣行の手掛けた番組は見ないのだそう。

しかし、それが佐久間宣行にとってはやりやすいとのことで、気兼ねなく攻めた番組を作れるようです。

もしお嫁さんが、自分の作るような番組が嫌いだったら…と思うと、ちょっと気にしてしまったかもと話した佐久間宣行。

そういうことも見越して、お嫁さんは仕事に干渉しないようにしていたのかもしれませんね。

佐久間宣行の手掛けた番組がおもしくて、評価を得ている背景には、お嫁さんの内助の功があったようです。

佐久間宣行の子供は娘が1人

佐久間宣行には、子供が1人います。

結婚して4年後の2006年に娘さんを授かっていますので、31歳のときに佐久間宣行はパパになったのですね。

娘さんが2006年に生まれということは、2022年現在、16歳ですね。

高校生の娘さんがいらっしゃるとは、改めてびっくりです。

佐久間宣行は、娘さんのことが大好きで、Twitterで娘さんのことを話題にすることも多かったのですが、最近は「恥ずかしいからやめて」と言われるようになったようです。

娘さんも思春期ですし、仕方ない気もします。

最近は娘さんに関するツイートは減ってますし、佐久間宣行もちょっぴり寂しいでしょうね。

もちろん娘さんに関する情報も、通っている学校や顔写真などは公開されていません。

佐久間宣行の娘さんならきっとかわいらしい顔をしていると思われますが、芸能活動などはしていないようですね。

まとめ

  • 佐久間宣行が船長と呼ばれる理由はヨーソローとあいさつするから
  • 佐久間宣行のお嫁さんはテレビ東京の元同僚
  • 子供は娘が1人でTwitterに頻繁に話題を出していた

コメント

タイトルとURLをコピーしました