アンジェラ佐藤は嘔吐しないし食べ方もキレイでかわいい!


Photo by twitter.com

美人大食い女王として人気の高いアンジェラ佐藤ですが、大食い番組につきものの嘔吐を繰り返すという行為とも無縁ですし、食べ方も非常にキレイでルックスもかわいいと好評です。

今回は大食い番組で嘔吐をしているという裏側に迫りながらアンジェラ佐藤を特集していきたいと思います。

スポンサーリンク

アンジェラ佐藤は嘔吐しない

大食い番組では試合の後、選手たちは必ず意図的に胃の内容物を嘔吐しているのではないかという疑惑があり、元フードファイターで摂食障害に悩むバイリンガル梅村こと梅村鈴がブログでフードファイターのほとんどが嘔吐をしていると衝撃の暴露をしました。

【以下引用】
番組等で活躍するフードファイターのほぼ全員は少なくとも試合後嘔吐します。体重が40~70キロ程度の容積しか持たない器に5~10キロの飲食物を長時間保管することなど、物理的に不可能です。嘔吐は、むしろ当たり前の排出行為であり、命と健康を守るためにも必要不可欠な「技量」なのです。
一時的に大量の食材を胃に納め、意図的に吐き出す技術を競うのがフードファイトの真髄です。
【引用元:大食い フードファイターの裏側~摂食障害に病んで~

ただ、同じブログ内でさらに言及しているのですが、大食いには自然消化タイプ、試合時にのみ過食嘔吐するタイプがいるそうです。

【以下引用】
他のスポーツ競技同様、大食い選手にはさまざまなタイプがあると思います。

①食べたものを通常の方法により(胃~腸~肛門)消化し、処理するタイプ
②食べたものを通常とは逆のルート、つまり嘔吐によって排出するタイプ
 (試合や収録の時にだけ、この手法をとる人、日常的に過食嘔吐している人、、、いろいろいます)

現在の大食い番組で本戦に出場できる実力を持った選手は殆どタイプ②になると思います。
地方予選などで、上位者と下位者の間に大きな溝があるのも、このタイプの違いがあるからだと思います。
【引用元:大食い フードファイターの裏側~摂食障害に病んで~

もちろん、フードファイターの方たちが摂食障害があることや試合中に嘔吐をすることを公表するわけはないので、アンジェラ佐藤が嘔吐をしないということは断言できませんが、摂食障害で嘔吐を繰り返す人たちには決まった特徴があります。

それは手にできる吐きダコと呼ばれる皮膚の硬化現象と、胃酸で歯が溶けてしまう現象が主に見られます。

現在活動している大食いタレントの中で顕著に症状が出ていて有名なのは、大食いアイドルのもえのあずきが上がられるかと思います。

【以下引用】
実は、この吐きダコと思われる症状が「もえの」さんの手にも確認されているのです。

もし、彼女が食べた分を吐いていたとしたら、太らないことや吐きダコの症状にも納得がいきます。

また、ネット上では彼女の「歯」にも注目が集まっていました。

この写真の通り、彼女の歯は一部が欠けており、さらには「前歯=差し歯」疑惑が浮上しています。

実は、嘔吐を繰り返す人間は、胃酸で歯が溶けてしまうことがあるのです。
【引用元:暇人異聞録

アンジェラ佐藤はこういった摂食障害の症状が全く見られることが無く、またツイッターには胃薬を愛用していることが分かるような投稿もあり、タイプとしては自然消化型の可能性が非常に高いと思われます。

しかもただの大食いではなく、現在は食のスペシャリストを目指して食に関する様々なギネス記録に挑戦したりなどをしています。

【以下引用】
大食いのみでは無く、食のスペシャリストを目指すべく、食を通じて日本を元気にする活動「食活(たべかつ)」の一環として、食のギネス記録への挑戦を決めた。
【引用元:アンジェラ佐藤|Be.Brave Group

実際にツイッターでは大食いとは全く関係なく純粋に美味しいものを一般的な適量を普通に食すような写真も投稿されています。

過去には大食い番組の真似をして中学生が窒息死した事故もあり、そういった影響から大食いのイメージを変えたいと思って活動をしているとインタビューで語ったこともあります。

【以下引用】
大食いをめぐっては14年に中学生が給食を早食いして窒息死する事故が発生。一時、大食い番組はなくなり、ブームも下火になった。今も「暴飲暴食は危険」とのイメージがつきまとうが、食べ物を大切するアンジェラさんは「大食いのイメージを変えたい」と意気込む。

 今後について、「食べ物に携わる仕事がしたい。その前に婚活かな」と語るアンジェラさん。持ち前のキャラで明るく楽しく大食いを実践する彼女は、確かにこれまでのイメージを変えそうだ。
【引用元:イザ!

アンジェラ佐藤が公言をしている訳は無いので正確には不明ですが、食へのスタンスというか大食いへの接し方を見る限り、日常的に嘔吐をするようなタイプではないことが分かると思います。

食べ方がキレイで好感度が高い

大食い番組が放送されると決まって話題になるのがその食べ方の汚さです。

【以下引用】
視聴者からは「汚らしくて耐えられなかった」「結局きれいに食べる大食い女子はギャル曾根だけ」などと、番組内容を非難する声がネット上に広がっている。

「2代目女王・魔女菅原、4代目女王・アンジェラ佐藤など、懐かしの面々が登場し、それなりに番組は盛り上がったのですが、その食べ方を巡ってさまざまな意見が噴出しています。特に菅原の鼻水を垂らしながらガツガツと食べ物を流し込む姿に、非難が殺到していますね。菅原は、机の上にも食べ物を食べ散らかしていて『いくら競技とはいえ、とても子どものいる母親には思えない』という辛辣な意見も出ています」(エンタメ誌記者)
【引用元:まいじつ

ギャル曽根が売れた理由は食べ方がキレイだからと言われていて、汚く食べるフードファイターが多い中、キレイに美味しそうに食べるギャル曽根の姿に好感を持った視聴者が多かったからだと考えられています。

最近様々な番組で大食いタレントとして出演しているアンジェラ佐藤も大食いなのにキレイに食事をする姿に好感が多いためと考えられます。

このようにツイッターでも食べ方がキレイで好きという投稿が多いです。

実際に検索をしてみると分かりますが、もちろん食べ方が汚いという意見があるのも事実で、どうしても大食い選手権の本気の戦いの映像などを見ると食べ方が汚く見える場面が無いわけではないですが、最近はテレビの企画で出演することも多く、基本的には魔女菅原など食べ方が汚いフードファイターに比べるととてもキレイな方なのではないかと思います。

アンジェラ佐藤は年齢を考えてもかわいい

アンジェラ佐藤は1975年5月3日生まれの為、執筆時点で43歳ということになります。

肌の張りもありとてもじゃないですが40代の女性には見えません。

アンジェラという名称と整った顔立ちからハーフを疑われることも多いようですが、アンジェラというのは大食い決定戦に出場した際にアンジェラ・アキに似ていることから命名された芸名です。

本名は『佐藤綾里』で全くハーフではありません。

【以下引用】
歌手のアンジェラ・アキに風貌が似ていることから、「元祖!大食い王決定戦」で司会の中村有志から「アンジェラ佐藤」と命名される。当初本人は似ていないと恐縮していたが、最近ではアンジェラ・アキからコンサートのチケットが送られてきた。また『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(関西テレビ)では、途中で秘密兵器のメガネをかけ、中腰で食べる「アンジェラ・モード」に突入するのがお約束となっている。
【引用元:アンジェラ佐藤 – Wikipedia

結婚はしていないため男性人気が意外と高く、ツイッターなどでも可愛いという投稿が多いです。

大食い番組は何かと疑惑がつきものですが、アンジェラ佐藤自身はそういうイメージを払拭したいと活動していますので今後も活躍していってほしいですね。

まとめ

  • 大食い番組は全員が嘔吐していると出演者が暴露した
  • アンジェラ佐藤には摂食障害の症状が見えない
  • 食べ方がキレイで可愛いという頃が多い

コメント

タイトルとURLをコピーしました