【画像】前田敦子が勝地涼に車椅子で大激怒の過去!離婚理由は情緒不安定な性格か

前田敦子と勝地涼の離婚がついに成立しました。

2018年7月に入籍していますが、結婚生活は喧嘩が絶えず、前田敦子の気性の激しさや情緒不安定さが離婚の原因ではないかと噂されています。

出産直後に「文春」が前田敦子の車椅子激怒画像を掲載しているだけに、信ぴょう性は高そうです。

この記事では、前田敦子と勝地涼の離婚理由と車椅子で大激怒の過去について真相に迫ります。

前田敦子と勝地涼の離婚理由が車椅子激怒画像で見えてくる?

2021年4月に離婚が成立した前田敦子と勝地涼ですが、離婚理由はいったい何なのでしょうか。

これは、過去の週刊誌の報道から垣間見ることができます。

前田敦子と勝地涼の離婚理由は車椅子激怒画像で分かる気性の激しさ?

前田敦子と勝地涼が離婚した理由の1つとされるのが、前田敦子の気性の激しさです。

共通の知人によると、前田敦子と勝地涼はともに我が強く、結婚後は怒鳴り合いの喧嘩が絶えなかったとのことです。

ただの口喧嘩ではなく、物が飛び交うほどの壮絶な大喧嘩を繰り返していたとも言われています。

前田敦子の気性の激しさを裏付ける画像を2019年5月に「文春」が記事とともに掲載していますのでご紹介しますね。

生後2ヶ月の赤ちゃんを抱っこしている勝地涼が、膝を怪我している前田敦子を車椅子に乗せて押していたところ、前田敦子が立ち上がり、勝地涼をにらみつけ、何かをまくし立てました。

激怒した前田敦子が足を引きずりながら歩き出し、50mぐらい先で地面に倒れ込んだ、という衝撃の内容です。

前田敦子がどんなことをまくし立てていたかについては報じられていませんが、画像の表情からだけでも、前田敦子が勝地涼に対して激怒していることがヒシヒシと伝わってきます。

週刊誌にもこのような画像を撮られるくらいですから、家の中ではもっとひどい喧嘩が繰り広げられていたのではないかと思います。

前田敦子と勝地涼のスピード婚とスピード離婚

前田敦子と勝地涼の出会いは、2015年に放送された連ドラ「ど根性ガエル」での共演です。

この時は熱愛関係には発展せず、交際を始めたのは2018年春頃とされています。

友人関係を経て、交際を始めた前田敦子と勝地涼は、2018年7月30日に電撃入籍しています。

交際半年足らずのスピード婚です。

当時は妊娠はしていないと報告していましたが、2019年3月に第一子となる男の子が誕生しているため、できちゃった結婚だったということになります。

その後、2020年6月に「NEWSポストセブン」が前田敦子と勝地涼が2019年冬頃から別居していることを報じています。

子供のことを考えて何度も話し合いを重ねてきたが、離婚に至ったことを、それぞれがネットで2021年4月に報告しています。

前田敦子と勝地涼の離婚理由は過去の泥酔写真でも分かる情緒不安定さ

車椅子激怒画像の前にも、前田敦子は号泣画像を2012年9月にフライデーされています。

この号泣写真によって、前田敦子の情緒不安定さが露呈することとなったわけです。

前田敦子が佐藤健に抱きかかえられる衝撃の写真

前田敦子がフライデーされた号泣画像ですが、見方によっては号泣というよりも思い通りに行かずに激怒しているようにも見えます。

こちらがその時の画像です。

前田敦子にまくし立てられているのは、俳優の佐藤健です。

この日、前田敦子は、佐藤健や大島優子らを含む男女6人で自身のAKB卒業祝いを兼ねた合コンに参加していました。

以前から佐藤健に思いを寄せていた前田敦子は佐藤健に告白するも、佐藤健から良い返事をもらえずに号泣して気持ちを訴えたようです。

完全にパニック状態になっている前田敦子の対応に困った佐藤健が、前田敦子をタクシーに乗せようとして、抱えた画像も掲載されています。

この画像は、世間に大きな衝撃を与えましたよね(汗)

この時の前田敦子は、かなりの泥酔状態ですが、AKBの元センターとは思えないほどの情緒不安定ぶりを発揮しています…

実はこの時、佐藤健は大島優子のことを良いなと思っていて、それに気づいた前田敦子が激しく嫉妬したという噂もあります。

前田敦子は恋愛体質の束縛タイプで離婚に影響?

前田敦子は恋愛体質で、恋人の束縛も激しいようですね。

勝地涼が周囲の知人に、前田敦子の束縛が激しいことをぼやいていたという話があります。

ジムや飲みに行くのにも、数週間前から前田敦子に許可を取る必要があったとのことです。

前田さんも束縛がひどかったようです。勝地さんは飲みに行くにも、ジムに行くにも数週間前から許可が必要だと周囲にこぼしていました

しかし、一部では勝地涼の前田敦子に対する束縛がひどかったという話もあります。

前田敦子の帰宅が予定時間よりも遅いと何十回も電話をするなど、短気な1面があったようです。

これらの話が全て本当ならば、前田敦子も勝地涼もどちらも似たような性格なのかもしれませんね。

どちらか一方が穏やかな性格だったら、結婚生活もうまくいった可能性もあります。

交際中ならまだしも、結婚してからもこのように情緒不安定な感じだと、離婚になるのも仕方のないことなのかなと思います。

前田敦子と勝地涼の離婚理由はDVによる骨折だった?

前田敦子の気性の激しさは、AKB時代から有名でした。

差し入れのヨーグルトが気に入らずにぶん投げて、ヨーグルトのカップが高さ3mの放物線を描きながら10m以上も飛んだという話があります。

前田敦子が激怒すると、物を投げるという話は真実のようです。

現在も伝説のように語り継がれている話ですが、差し入れをぶん投げるというのは、なんとも性格が悪いなと感じてしまいました…

前田敦子本人も、自身がパニックを起こしやすい性格であることに気づいていて、テレビのバラエティー番組で「子どもが私のようにいつか爆発する子にならないか心配」との悩みを明かしていました。

前田敦子と勝地涼は結婚後、喧嘩が絶えなかったと報じられていますが、勝地涼もまた前田敦子と同様に短気な性格のようです。

「サンスポ」が、前田敦子が2019年5月に自宅で膝の靭帯を損傷して、映画「町田くんの世界」のイベントを欠席したことを報じています。

前田敦子は、自宅で作業中に膝の怪我をしたとのことでしたが、その後驚きの続報が飛び込んできました。

夫婦喧嘩がエスカレートし、勝地涼が前田敦子を突き飛ばしたところ、前田敦子が転倒してしまい骨折したという内容でした。

そのけがは、実は勝地さんが原因だったんです。夫婦げんかがエスカレートして、勝地さんが前田さんを突き飛ばす形になった。彼女は転んでしまい、骨折したというのが真相のようです。

この話が本当ならば、勝地涼による骨折も離婚の理由の1つだったと言えると思います。

もちろん、お互いに手が出ていた可能性もあるため、これにより勝地涼が前田敦子に日常的にDVしていたとは断定できませんが、少なからずお互いかなり攻撃的な状態になるタイプだったことは間違いなさそうです。

まとめ

  • 前田敦子の情緒不安定な性格が離婚理由と噂されている
  • 勝地涼も短気な性格でお互い気が強かったのも原因かも

コメント

タイトルとURLをコピーしました