長谷川博己の父は大学教授で建築評論家の長谷川堯先生だった


Photo by Twitter

2020年1月から放送が始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で主演を務める長谷川博己ですが、下積み時代が長ったためかプライベートなどは非常に謎に包まれています。

しかし、最近では父親が非常に有名な建築評論家で、武蔵野美術大学名誉教授も務めた長谷川堯先生だったことが判明し話題になりました。

今回は、長谷川博己と父・長谷川堯先生との関係などを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

長谷川博己の父は大学教授の長谷川堯先生

長谷川博己が世の中に認められるようになった最初の作品は、2010年にNHKで放送されたドラマ『セカンドバージン』です。

主演は鈴木京香で、相手役として不倫関係になる起業家役を演じていたのが長谷川博己でした。

そして、長谷川博己は2011年5月24日に放送された『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)にも出品者として登場。

鑑定を依頼した骨董品は、三代目歌川広重の浮世絵でした。

本人評価額が10万円だったのに対して、鑑定額はなんと25万円でした。

しかし、話はこれだけで終わりませんでした。

鑑定を依頼する際に、長谷川博己は、この絵の所有者は父親で、父親が出版する本の表紙としてこの絵を購入したと語っていましたが、この発言で父親が有名な人物であることが発覚し話題となり、この情報がネットで拡散したのです。

なんと、長谷川博己の父親は大学教授の長谷川堯先生(はせがわたかし)先生だったのです。

【以下引用】
その番組は、2011年5月24日に放送された『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)。長谷川は堯さんの骨董品を持って出演した。

「三代目歌川広重による浮世絵で、お父さんが自分の本の表紙に使うために、1990年頃に購入したものだと話していました。この時、“父が建築評論家なんです”と、おそらくテレビで初めて明かしたんじゃないかな。長谷川さんは10万円だと思っていましたが、評価は25万円。自宅に戻ってお父さんと喜んだそうですよ」(番組関係者)
【引用元:イザ!

長谷川堯先生は、早稲田大学卒業後は武蔵野美術大学で助教授から教授になり、その後も同大学の名誉教授として活躍されてきました。

専門は建築士であり、学生に講義したり指導する大学教授の仕事の他にも建築家、そして建築評論家としても執筆や講演活動など幅広く手掛けています。

その中でも建築関係の執筆の仕事では評価が高く、20冊ほどの本も出版されています。

著書、『都市回廊』では毎日出版文化賞を、『建築有情』ではサントリー学芸賞を受賞されていました。

現在はすでに他界されておられますが、有名教授にして、建築の執筆でも著名な長谷川堯先生は、長谷川博己にとって、偉大過ぎる父親だったことでしょう。

スポンサーリンク

長谷川博己は父とは絶縁状態だった

3歳の時に父親、長谷川堯先生に連れて行ってもらった映画『レイダース/失われたアーク』を見て以来、映画にはまり、映画少年になった長谷川博己、高校時代には年間100本の映画を見に行っていたそうです。

学業も優秀だった長谷川博己は中央大学文学部を卒業し、会社員として就職しますが1年で退職

小さなころからの夢が捨てきれず、2001年に文学座研究所に入所し、本格的に芝居の道に進むことを決心します。

大学教授である父、長谷川堯先生は長谷川博己が役者になることに猛反対

お金のなかった長谷川博己は都内の実家に住み、芝居の稽古を続けていましたが、父親と顔をあわせるたびに言い合いになることから口もきかない関係になっていきました。

【以下引用】
「当時、お父さんは会社を辞めて役者になることを猛反対したそうです。お金がなかった長谷川さんは都内の実家に住みながら役者の稽古に励んでいたのですが、お父さんと顔を合わせるたびに言い合いになるので、次第に会っても口をきかなくなったそうです」(前出・長谷川の知人)
【引用元:イザ!

その後、一人暮らしを始めましたが実家には行き来しなかったようです。

【以下引用】
「実は長谷川は現在、両親と絶縁状態です。父親とはそりが合わないらしく、実家は都内ですが、まったく行き来していないみたいです」
【引用元:Business Journal

多くの記事では父、長谷川堯先生が会社を辞め役者を志した長谷川博己のことを怒っていると書かれていますが、実は近年では非常に仲が良かったと言われています。

口では反対することがあっても、役者の夢にひたむきに向き合う長谷川博己を応援しており、息子が出演するテレビ番組を見ることを闘病の支えにしてきました。

特に2020年初春から始まる『麒麟がくる』で長谷川博己の主演が決まった際には、大変喜んでいたそうです。

【以下引用】
「記事には、長谷川さんが会社員を辞めて俳優を志したことにお父さんが猛反対したと書いてありましたが、まったくそんなことはありません。お父さんは夢を追う長谷川さんをずっと応援してきました。息子の活躍をテレビで見ることが、何よりも闘病の支えになっていたと思います。20年のNHK大河『麒麟がくる』で長谷川さんが主演に抜擢された際、『息子さん、大活躍ですね!』と声をかけたら、普段はあまり感情を表に出さない性格なのに、嬉しそうに微笑んでいましたよ」(一家の知人)
【引用元:女性自身

しかし、今年2019年4月にガンのため亡くなりました。

スポンサーリンク

長谷川博己と鈴木京香が結婚できない理由は介護?

2010年のNHKドラマ『セカンドバージン』で共演して以来、親密な関係が伝えられている長谷川博己と鈴木京香ですが、一部報道によると結婚の障害のひとつになっているのが鈴木京香の母親の存在だと伝えられています。

2002年に肺ガンで父親を亡くした鈴木京香、その後、実家の仙台の家では母親が一人住まいになり数年前から体調をくずしているようです。

そして、鈴木京香が頻繁に仙台の家を訪れていましたし、できる限りサポートしたいと周囲に漏らしていたと言います。

【以下引用】
「いまもお母さんは仙台で1人暮らしを続けていると聞いています。でも、京香さんは心配して、頻繁に里帰りをしているそうです。お母さんは数年前から体調を崩してしまい、京香さんは“できる限りのサポートをしてあげたい”と周囲に漏らしているそうです」
【引用元:女性自身

一方で、別の週刊誌の報道によると、鈴木京香が母親を東京に引き取ったとも言われており、そのことが原因で、長谷川博己と鈴木京香の同棲生活に終止符が打たれたとも言われています。

【以下引用】
鈴木は仙台の母親を都内の自宅に呼び寄せて、自宅介護していることでも知られ、一部ではこれが2人の同棲解消につながったと報じられた。
【引用元:Business Journal

現在、鈴木京香が母親を引き取り介護をしているのか、通いながら介護をしているのかは不明ですが、今でも結婚に踏み切れていないことは事実です。

鈴木京香が長谷川博己と付き合い始めたのは、鈴木京香が40代前半だった頃でした。

子どもを作ろうと思えば、年齢的には最後のチャンスの時期であり、鈴木京香自身に結婚願望が高まっていた時期もあったようですが、長谷川博己から格差婚と言われるのが嫌だから、役者として認められてから結婚したいという強い意向がでていたようで、その考え方を鈴木京香が尊重したことが未だにゴールインできていない一因なのかもしれません。

料理上手で役者としても知名度の高い鈴木京香が長谷川博己を精神面や食事などの健康面で支えてきたと言われており、実際に鈴木京香が自分の懇意にしているスタイリストやトレーナーを長谷川博己に紹介しています。

しかし、その紹介したスタイリストやトレーナーに対して、長谷川博己との結婚願望を漏らしていたこともあったようですので、役者として長谷川博己の成功を応援していたのは、かなり苦渋の決断だったのかもしれません。

【以下引用】
本来なら当初すでに40歳を過ぎていた鈴木が結婚を焦ってもおかしくないのですが、『30代が正念場』と長谷川を叱咤激励して、俳優として一人前になるまで支えてきたようです
【引用元:Business Journal

2014年には、スポーツ紙が二人は年内に結婚すると年始早々に報道しましたが、その後、長谷川博己の事務所は事実を否定し、鈴木京香は無言を通しました。

2019年4月には、大学教授であった長谷川博己の父、長谷川堯先生も亡くなり、長谷川博己の家族も本人と母親と妹だけになりましたが、父の死をきっかけに母親が憔悴してしまい、現在は長谷川博己が面倒を見ているようです。

最近では実家の前に停まる介護施設のデイサービスの車も目撃されており、関係者によれば、長谷川博己が母親を引き取ることを念頭にいれていることも伝えられています。

【以下引用】
「お母さんはいまのところお元気ですが、ご主人を亡くしてかなり憔悴しており、長谷川さんも心配しているみたいです。亡きお父さんが利用していたのかもしれませんが、ご実家の前には、介護施設のデイサービスの車がよく停まっていました。ゆくゆくは、長谷川さんがお母さんを引き取ることも考えていると思います」
【引用元:女性自身

残された母親の面倒を長男が見るのは比較的一般的ですが、鈴木京香も介護生活に突入していることを考えると、長谷川博己と鈴木京香が、それぞれが要介護者を持つというダブル介護という状況になってしまいました。

長谷川博己を後押ししてきた鈴木京香にしてみれば、長すぎた春の中、結婚よりも先に介護の問題が来てしまったという心境なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

  • 長谷川博己の父は大学教授の長谷川堯先生
  • なんでも鑑定団にお宝を出品して判明
  • 鈴木京香と結婚できない理由はダブル介護が原因?

コメント

タイトルとURLをコピーしました