名倉潤の兄弟は山口組の名倉教文!殺人で出所後の現在とは?


Photo by 産経ニュース

お笑いトリオネプチューンのツッコミ担当、名倉潤は3人兄弟なのですが、実は名倉潤の兄が山口組系暴力団の組長をしている名倉教文であるということは有名な話で、しかも最近まで殺人事件を犯し服役までしていました。

名倉潤の兄が殺人犯であることをメディアがどこも報じることは無いのは、まさに芸能界の闇そのものです。

吉本興業が反社会的勢力との問題に揺れる中、兄弟が山口組系暴力団でありながらテレビに出演し続けるネプチューン名倉潤の闇をご紹介します。

スポンサーリンク

名倉潤の兄、名倉教文と山口組の関係

名倉潤といえば、バラエティー番組で見ない日はないほどの超売れっ子芸人です。

その名倉潤の兄、名倉教文が暴力団関係者ということは有名な話ですが、芸能界では名倉教文の名前を出すことはタブーになっています。


Photo by Twitter

名倉教文が所属する組織は、『山口組極心連合会二代目兼一会』という組織で、山口組の二次団体の一つである極心連合会の傘下組織の一つの組員です。

一次団体:山口組
二次団体:極心連合会
三次団体:二代目兼一会

という感じで、山口組という最も大きな組織の中に複数の組織がぶら下がっているのですが、名倉教文は、その三次団体である二代目兼一会で若頭代行に就いています。

そして、名倉教文も自分の組を持っていて、四次団体として名倉組を展開しており、そこで組長をしています。

【以下引用】
名倉組(なぐらぐみ)は東京都江東区に本部を置く暴力団で、六代目山口組の四次団体。上部団体は極心連合会・二代目兼一会。

組 長 – 名倉教文(二代目兼一会若頭代行)
組長代行 – 青木功道(二代目兼一会若頭補佐)
【引用元:名倉組 – 全国暴力団wiki

芸能界の売れっ子の兄が、暴力団の組長って正直信じられませんし、このご時世でテレビに平気に出ていられるのも不思議なくらいです。

しかも、名倉教文は暴力団の抗争で殺人事件を起こしており、刑務所に服役していた過去を持っているのです。

スポンサーリンク

名倉潤の兄、名倉教文が起こした殺人事件の概要

2004年2月、東京江東区の路上で6人が死傷した暴力団の抗争がありました。

名倉教文は、その抗争で暴力団飯島会系幹部(29)を刺殺しており、殺人容疑で逮捕されています。

【以下引用】
東京都江東区の路上で2月、暴力団飯島会系組幹部(29)が刺殺された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は3日、東京都板橋区舟渡1、指定暴力団山口組山健組系組幹部、名倉教文(37)と千葉市若葉区千城台西、無職、渡部俊文(25)の両容疑者を殺人容疑で逮捕した。
【引用元:毎日新聞(2004年)】

名倉教文が所属する二代目兼一会は当時この山健組の傘下組織でしたので、その実行犯として名倉教文が犯行に及んだものと見られています。

実刑判決が下され、熊本刑務所に収監されていましたが、事件から15年が経ち現在は出所しています。

【以下引用】
2004年2月21日未明、東京都江東区の路上で飯島会系組幹部(29)を刺殺した事件で名倉教文は、懲役14年の判決を受け2018年7月4日熊本刑務所より満期出所。
【引用元:名倉組 – 全国暴力団wiki

昔はヤクザが出世するために、殺人を犯し刑務所に入るというのは王道のパターンと言われており、名倉教文の殺人に関してもうっかり殺害してしまったようなレベルではなく、組織内で入念に計画された殺人事件であったと言わるでしょう。

【以下引用】
昔はヤクザ同士の殺し合いは「刑期が3割引き」といわれた。ヤクザは20代で対立組織の幹部を殺害して懲役15~20年の判決を受け、40代で出所して幹部候補になった。極道としての“人生設計”ができたのだ。
【引用元:日刊ゲンダイDIGITAL

また、刑務所から仮釈放を行う場合、様々な条件があるのですが、その中に暴力団から離脱することという項目があります。

【以下引用】
暴力団に所属している場合は、刑務所の分類課の職員を通して「暴力団離脱決意書」というものを出します。
その通称「離脱書」は公安委員会もしくは警察を通して、所属している組長に渡され、署名捺印されれば刑務所に戻り、暴力団員ではないことが証明されて、晴れて仮釈放の対象となるわけです。
【引用元:仮釈放の条件について | 北海道S刑務所の真実

今回、名倉教文は14年の刑期を満期で勤め上げておりますので、ヤクザから足を洗うことはなく、むしろ今回の出所のタイミングで出世している可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

名倉潤のうつ病は兄の出所が原因?

最近では、吉本興業と反社会的勢力の繋がりが話題になっていますが、時期を同じくして、名倉潤がうつ病を発症し、2カ月間の休養を決めました。

【以下引用】
お笑いグループ「ネプチューン」の名倉潤さん(50)がストレスによるうつ病を発症し、リハビリのため1日から約2カ月間休養する。同日、所属事務所が発表した。

同事務所によると、名倉さんは2018年6月に「頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア」の手術を受けた。手術経過は良好だった一方、手術によるストレスが要因でうつ病を発症。医師から、一定期間の休養が必要と診断されたという。
【引用元:朝日新聞デジタル

しかし、名倉潤の休養発表には疑問に思える点も多く、以前ナインティナインの岡村が休養した際には、『うつ病』という言葉を吉本は絶対に使いませんでした。

これは、戻ってきたときに視聴者が笑えなくなってしまうという配慮からでしたが、名倉潤の場合はうつ病あることを公表しています。

また、ヘルニアの手術が原因で起きるうつ病は非常に珍しく、もし本当にうつ病だとすると、通常は2か月程度ではなく長期的な休養を必要とします。

【以下引用】
2ヵ月という療養機関にも疑問符がつく。都内で心療内科を経営する医師は「メンタルの病気は長期に渡って向き合っていくものであり、2ヵ月で治るというものではない」と断言。2ヵ月足らずの休養ならば、当たり障りのない別の理由で発表してもいいように思えるが……。
【引用元:日刊サイゾー

兄の名倉教文が出所して間もない状態で、吉本興業の反社会的勢力との繋がりが注目を浴びてしまい、一部では、今回の休養はうつ病による休業ではなく、反社会的勢力との関係を注目させないために雲隠れを行ったのではとも言われています。

つまり、本来は視聴者に『うつ病』という印象を残したくないと考えるのが自然ですが、あえて『うつ病』の印象を残し、反社会的勢力の影を薄めようということなのです。

スポンサーリンク

名倉潤の兄、名倉良和はステーキなぐらを経営

名倉家は3兄弟で三男の名倉潤、次男の名倉教文、長男の名倉良和がいます。

三男の名倉潤がお笑い芸人、次男の名倉教文がヤクザ、長男の名倉良和は、『ステーキなぐら』の経営者として有名です。

中目黒・目黒川沿いのビル地階に40席を設けていて、とてもゆったりとした店構えです。

店で使用している有機野菜は、名倉潤の妻の渡辺満里奈が農家を紹介していることもあり、女性層のお客も獲得しているので幅広い層に人気のお店です。

もともと名倉良和は、イタリア料理店を10年経営していたこともあり、料理自体かなりの腕前で「ステーキなぐら」も上質なお肉で安いと評判なんです。

ステーキ屋をやりたいという夢があり、イタリア料理店を畳んで「ステーキなぐら」を開店することになりました。

【以下引用】
正直、芸能人が軽いノリで人気のエリアに出してみた!みたいなのを少し想像していましたが、まったくそんなことはありませんでした‼︎
大変失礼いたしました〜orz

調理もメニューもプランも、当たり前ですが真剣に考えて運営されている素晴らしい飲食店さんでございました。

名倉潤さんとの関連性を惜しげもなく出しておられるのもかえって好感でしたっ♪
【引用元:Retty

名倉夫妻もここのステーキがお気に入りで、お店によく来店しているそうです。

もちろん芸能人の愛好者も多いです。

まずは平愛梨。

次に杉原杏璃。

そして菜々緒。

スポンサーリンク

まとめ

  • 名倉潤の兄、名倉教文は山口組系ヤクザ
  • 名倉教文は殺人犯
  • 名倉教文は現在出世している可能性が高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました