辻希美の家の間取りが判明?新居の値段や何坪の広さ?前の家は売却?

辻希美が2022年3月に新居に引っ越ししましたが、その豪邸ぶりに大きな注目が集まっています。

前の家も豪邸でしたが、次の家の豪邸には驚くばかりです。

新居の間取りはどうなっているのとか、新居の価格や坪数、これまで住んでいた家は売却したのかなど気になることがたくさんあるのではないでしょうか!?

この記事では、辻希美が引っ越した家の間取りや家の広さ、前の家はどうなったのかなどについてご紹介します。

辻希美の新居は何坪の広さ?家の間取りは判明している?

辻希美の新居が建てられた場所は、もともとは3階建ての会社の社宅があった場所です。

社宅は2018年まで建っていたとのことですが、その後取り壊されて長い間更地だったと伝えられています。

地元住民は新居が建設されているのを見て、マンションが建つものと思い込んでいたそうです。

しかしその後実は建設されているのが戸建ての家だと知って驚いたとインタビューで語っていました。

辻希美の新居だと分かった時は、さらに驚いたに違いありません。

辻希美の新居は推定400坪くらいの大豪邸

辻希美の新居は屋上付きの3階建てで、外装の高さは地域で制限されている高さギリギリの10m、土地面積は一軒家が3、4軒あるくらいの広さだと週刊誌で報じられていました。

住民がその大きさに目を丸くするのも無理はない。周囲の民家3?4軒分はありそうな広大な敷地に、付近の家を見下ろすように3階建ての家がそびえたっている。

「面積だけではなく高さも目を引きます。この地域の建物の高さは10mに制限されていますが、辻さんの家は、ギリギリの高さに設計されています」(不動産会社関係者)
【引用元:NEWSポストセブン

土地面積は400坪くらいではないでしょうか?

辻希美の新居の家の坪数がどのくらいあるのか正確な坪数は公表されていませんが、135坪以上ある可能性が高そうです。

というのは以前の家の広さも公表されているわけではないのですが、約45坪ではないかと言われていて、子供達の成長に伴い手狭になったとの理由から新居に引っ越ししているためです。

NEWSポストセブンは、新居の広さは今までの家の3倍ほどの広さがあると報じていました。

「辻ちゃんと杉浦さん夫妻がこれまで暮らしていたのは、約11年前に購入した戸建てです。その家も豪華でしたが、子供たちの成長に伴い手狭になって、3倍ほどの広さの家に引っ越しを決意したそうです。本来であれば昨年引っ越しの予定でしたが、新型コロナの影響による木材の高騰などで工事が滞り、ようやく完成にこぎつけたのだとか。新居は、以前の自宅からも近いところにある戸建てです。お子さんたちが転校せずに済むようにしたのでしょう」(辻の知人)
【引用元:NEWSポストセブン

辻希美の新居の間取りは推定10LDK以上?

新居の間取りが正式に公表されているわけではありませんが、辻希美は自身のYouTubeチャンネル『辻ちゃんネル』にて新居ルームツアーと題し、数回に分けて豪邸の内部を詳細に紹介しているため、家の間取りがほぼ特定されています。

現在までに判明している家の間取りをまとめると次のようになります。

【1階】

  • シューズクローゼット
  • 杉浦太陽が使う趣味の部屋
  • 鏡張りの完全防音のダンススタジオ
【2階】

  • リビングルーム
  • キッチン
  • YouTubeの撮影部屋
  • 洗面所
  • 浴室
【3階】

  • 子供達1人1人の部屋 
  • 辻希美&杉浦太陽の寝室
  • 衣装部屋

現在までに分かっている情報では、辻希美の新居は10LDKあるということになります。

新居の間取りで特に驚いたのは、広すぎる衣装部屋とバルコニーです。

3階にある衣装部屋は洋服が多すぎて、洋服屋さんが開けそうなくらい洋服がたくさんあります。

辻希美の新居にもお決まりのバルコニーがある

この他にはバルコニーがすごいなぁと感じました。

辻希美の新居には広々としたバルコニーがありますが、人工芝が敷かれていて、家族や愛犬達が遊んだりゆっくり過ごせる造りになっています。

辻希美 バルコニー
Photo by 辻希美オフィシャルブログ「のんピース」

ところで辻希美ファミリーの夏のバルコニーと言えば、やはりプールを連想するのではないでしょうか。

前の家でも夏になるとバルコニーにプールを設置して子供達が楽しそうに水遊びをしていましたよね。

騒ぎすぎて炎上してしまったこともチラホラ・・・

辻希美が引っ越したのはまだ2022年3月のことですが、すでに末っ子のためにすべり台付きのプールを設置して夏を迎える準備が整っているようです。

辻希美 バルコニー プール
Photo by 辻希美オフィシャルブログ「のんピース」

今後は上の子供達用のプールも設置されると思います。

辻希美の新居の価格はいくら?

辻希美は新居の価格を公表していませんが、不動産関係者が最低でも3億円はすると言っていると週刊誌が報じています。

辻希美は内装に強いこだわりがあるため、3億円以上かかっている可能性もあると言われているそうです。

「辻さんがお住まいのエリアで、あの広さの敷地に3階建てを建てるとなると、最低でも3億円はかかるでしょう。キッチンや浴室など細部までこだわりをもって造られた注文住宅のようなので、もっとお金がかかっているかもしれません」
【引用元:NEWSポストセブン

以前住んでいた家の値段は8,000万円~1億円程度と言われているため、3倍以上の価格の家を建てたということになります。

辻希美と杉浦太陽は芸能人夫婦ですが、これほどまでにお金を持っていることを不思議に思う人も多いのではないでしょうか!?

辻希美の新居はアンチが建てた家とも言われていますが、辻希美はブログ収入だけでも月収700万円くらいは稼いでいると言われています。

この他にYouTubeやテレビ出演などの収入を含めると、年収は2億円以上ある可能性が高いです。

3億円の豪邸を建てることは、辻希美にとって余裕なのかもしれませんね。

辻希美の前の家は引っ越しで売却した?

辻希美が新居に引っ越したという話を聞いた時は、当然のように以前住んでいた豪邸は売却したものと思い込んでいました。

家を所有するのにも税金や維持費などでお金がかかるし、売却したお金を新居の建設費用代に使うことができるためです。

しかし実際には、辻希美は前の家を引っ越しで売却はしていません

辻希美&杉浦太陽夫妻の財力には驚かされるばかりですよね。

これまで住んでいた4LDKの家は、夫の杉浦太陽が弟の杉浦タカオと一緒に改装してスタジオとして活用していくそうです。

杉浦は「前の家のお片付け!!」と切り出し「助っ人に弟のタカオが来てくれました」とタカオとの2ショットを公開。「まだまだ片付ける事がたくさんあるので、助かります」と感謝をつづり「この家は、弟と共にリニューアルさせながら使っていく予定です」と明かした。
【引用元:Ameba News

杉浦太陽の弟である杉浦タカオは俳優やギタリストをしている芸能人で、杉浦太陽と同じスカイコーポレーションに所属しています。

杉浦太陽との兄弟仲が良く、一緒に音楽活動などをしています。

これからはスタジオ兼兄弟の事務所のような感じでやっていくのではないかとふと感じました。

この家は新居とそれほど遠くない距離にあるため、子供達も懐かしがって行き来することも多くなるのではないでしょうか?

辻希美の昔の家の間取りや広さはどれくらい?

ここまで新居の広さや間取りについて紹介してきましたが、引っ越し前の昔の家の坪数などはどれくらいあるのでしょうか?

昔の家が4LDKの2階建ての一軒家であることは、テレビの取材などで明らかになっています。

たとえば、ダウンタウンDXの芸能人の間取り全公開『風水開運ランキング』でも、辻希美と杉浦太陽の家の間取りが公開されました。

下の画像が辻希美と杉浦太陽の昔の家の間取りです。

引っ越し前の辻希美の自宅の間取りは、2階にキッチンとリビングがあり、1階には子ども部屋(長女用と息子2人用)2部屋と寝室があります。

1階のフロアの真ん中には大きなクローゼットがあり、寝室は家族全員が揃って寝るようになっています。

2階には広々としたリビングとロフトにつながる階段があって、対面キッチンの先には大きなバルコニーがあります。

引っ越し前の辻希美の家は、夫の杉浦太陽が30歳のときに建てたもので、その5年後に1階にあったリビングを2階に移動させるなど、大掛かりなリフォームを行っています。

自宅を購入して5年後に大掛かりなリフォームというのは、一般的には考えられないのですが、それだけ辻希美と夫の杉浦太陽が稼いでいると言えるかもしれませんね。

辻希美の昔の自宅の間取りはテレビ番組などですでに公開されていますが、昔の自宅の坪数になるとそこまでは残念ながら公開されておらず、現在でも不明となっています。

ただ、2階建て4LDKの平均坪数が30~40坪ですから、リビングの広さを考えると辻希美の自宅の坪数は45坪前後あると見られています。

また、自宅の坪数に関して不明なように、自宅の広さや値段などについても公開されていないようです。

辻希美の昔の家の値段はいくら?

引っ越し前の昔の家は、東京都板橋区に2階建てで建てていますが、家の値段はどれくらいなのでしょうか?

辻希美自身のSNSの投稿や、テレビ番組などから辻希美の自宅の間取りは公開されているものの、さすがに自宅の値段までは公開されていません。

自宅の坪数や坪単価が不明のため、はっきりした値段は分かりませせんが、調べてみたところ2020年の東京都板橋区の平均的坪単価が147万円だと分かりました。

板橋区のエリア別の坪単価ランキングでは、1位が下板橋の251万円、2位が板橋駅の249万円、3位が大山の235万円でした。

過去の記事で、辻希美の昔の家が特定されていることを紹介する記事を書きましたが、そこでも書いていますが、辻希美の自宅は板橋区の西台にある可能性が高いので、坪単価を板橋区の西台に絞って調べてみました。

すると板橋区西台は、板橋区坪単価ランキングの18位で、137万円ほどだと分かりました。

あとは辻希美の自宅の土地がどれくらいか分かれば、土地のだいたいの値段が分かりますが、たとえば45坪だとすると6,165万円程になります。

あとは家の値段ですが、2階建て4LDKの一軒家だとだいたい2,000~4,000万円かかります。

坪単価などで違ってきますが、辻希美の場合、辻希美だけでなく夫も芸能人ですから家族総出で稼いでいます。

ですから、最低でも建築費用は4,000万円かかっているのではないでしょうか?

土地代の約6,000万円と建築費用の4,000万円トータル1億円ほどの値段はするのではないかと見られています。

また、その後の大掛かりのリフォーム代を入れると、1億円は軽く超すのではないでしょうか?

そう考えると、昔の家が1億以上、新居が3億以上と、順調に稼ぎが増えていることがうかがえます。

まとめ

  • 辻希美の新居の間取りは推定10LDK以上
  • 辻希美の新居は推定3億で昔の家の3倍といわれている
  • 昔の家は売却せず杉浦太陽が弟と利用する
  • 昔の家も1億する豪邸だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました