林真理子の娘は東郷麻美?就職先は関空と電通どっち?大学青学の秀才!

林真理子には娘が一人いますが、様々な情報が飛び交っています。

娘の名前は「東郷麻美」で、大学は青学の秀才なのではないかと噂されていますね。

就職先についても、「関空」「電通」で働いているのではないかと言われています。

今回は林真理子の娘に注目し、娘の名前や年齢、就職先は関空と電通のどっちなのかや卒業した大学は青山学院大学なのかなどについてご紹介します。

林真理子の娘の名前は東郷麻美?年齢は?

林真理子は44歳の時に、第一子となる娘を出産していますが、その後林真理子と夫との間に第二子は誕生していません。

ですので、林真理子の娘は一人っ子の3人家族で、家族構成は「父親・母親・本人」ということになります。

林真理子は36歳の時に現在の夫と結婚していますが、子供がなかなかできず、夫の反対を押し切って40歳の時に不妊治療を始めたそうです。

4年間もの長く辛い不妊治療を経ての出産だったとのことです。

林真理子の母親は、2017年6月に101歳で亡くなっていますが、生前に母親を囲んで撮られた親族が集まった写真が公開されています。

今から約5年前の写真になりますが、向かって4人目が娘ではないかと言われています。

顔立ちがなんとなく林真理子に似ているため、娘の可能性が高そうだなと感じています。

この時の娘の年齢は18か19歳ですが、服装もこれくらいの年代っぽいなと思いました。

林真理子の娘の名前は公表されていませんが、「東郷麻美」ではないかとの噂がなぜか広まっています。

林真理子の本名が「東郷眞理子」であることから、娘の名字が東郷であることは間違いありません。

名前が麻美と噂されている原因を調査しましたが、特定することはできませんでした。

たとえば同じ学校に通っているなど、林真理子の娘を知っている誰かがSNSに娘の名前を投稿し、その後削除した可能性もあるのかなと感じました。

名前が麻美という件については、正しい情報である可能性もあれば誤りである可能性もあるということになります。

娘の現在の年齢については、23歳か24歳(2022年9月時点)です。

林真理子の娘と中山秀征の長男が同級生であるとの情報があるためです。

2013年12月27日の「WEB女性自身」で、林真理子と中山秀征の対談が掲載されていますが、その中で林真理子の娘と中山秀征の長男が同じ学校の同級生であることが明かされています。

中山秀征(以下・N)林さんとは、林さんのお嬢さんとウチの長男が、同じ学校の同級生つながりというご縁があるんですよね。今、お嬢さんは中3でいらっしゃいますけど、子育てに関して悩みってあるんですか?
林真理子(以下・H)悩みというか、娘は少し変わり者だから、お友達ができるかすごく心配しました。
【引用元:女性自身

中山秀征の長男の名前は中山翔貴で、2022年4月に芸能界デビューをしており、生年月日は1999年3月18日と公表されています。

林真理子の娘の就職先は関空と電通どっち?

林真理子は2022年1月14日放送の「徹子の部屋」に出演し、娘が社会人になり初めてのボーナスでストールをプレゼントしてもらったことを明かしていました。

初めてのボーナスでストールを買ってくれたといい「手紙で『これからもママよろしく』とか書いてくれたのでうれしかったですね。素敵な色でね。ありがたいです」とうれしそう。
【引用元:スポニチ

ボーナスをもらっているとの林真理子の発言から、娘は大学を卒業後に正社員として会社に就職したことが分かります。

正社員でもボーナスの支給がない会社もあるため、それなりに規模が大きい企業であることもうかがえます。

林真理子は娘の就職先については言及していませんが、「関西国際空港」または「電通」ではないかと噂されています。

林真理子の娘の就職先が関空と電通のどちらであるかは不明ですし、もちろん関空と電通ではない会社に就職している可能性もあります。

なぜ関空や電通で働いているとの噂が流れているのか原因も特定することができませんでした。

おそらく母親が著名人の林真理子であることや、娘が有名大学を卒業していることから、大手の企業である関空や電通の名前が就職先として挙げられているのではないかとも思います。

林真理子の娘は大学青学の秀才?

林真理子の娘は2021年3月に大学を卒業し、一般企業に就職しています。

林真理子は娘の卒業した大学名を公表していませんが、中山秀征の長男と同じ学校の同級生であることから、大学は青学の秀才なのではないかと言われています。

2013年12月27日の「WEB女性自身」に林真理子と中山秀征の対談が掲載されていますが、この時娘は中学3年生でした。

中山秀征の息子は初等部から大学までを青山学院で過ごしていますので、林真理子の娘は青山学院の中等部に通っていたことになります。

エスカレータ式で進む学生が多いことから、林真理子の娘も中山翔貴のように初等部から大学まで通った可能性が高そうです。

娘が通っていた学部についても明かされていませんが、文学部ではなさそうだと感じました。

そのように思う理由は、林真理子が娘について本を全く読まないと発言していたためです。

娘は全く本を読まないといい「子供の時から本読んでないんですよ。今も読んでないですね、まったく。私はバカにされてますよ。彼女にとって私はずっとテレビ見てるおばさんらしい」と苦笑。
【引用元:スポニチ

娘はかなり現実的な思考の持ち主のようで、小説は絵空事であると考えて本を読もうとしないそうです。

林真理子の娘なので、一般企業に就職したものの本が大好きでいつかは母親のように作家としてデビューもある?と思っていただけに驚いてしまいました。

林真理子が語る娘のエピソードから考えると、娘は夫の性格によく似ていて、理系のように感じました。

個人的な予想になりますが、理工学部経済学部ではないかと思っています。

娘が夫の性格に似ているというのは、娘は普段は母親に塩対応ですが、たまに優しいところがあるところです。

林真理子は中学校と高校の6年間娘のためにキャラ弁などを作っていましたが、娘から6年間ありがとうとのメッセージをもらったそうです。

林真理子は娘が誕生した時に、ひと月に100万円も支払い、住み込みの家政婦さんを雇っていたとのお金持ち仰天エピソードがあります。

おそらく娘にも習い事をさせるなど、教育に惜しみなくお金を使っていたものと思われます。

また、母親が日本を代表する作家であることや、林真理子の夫も頭が良くエリートサラリーマンであったことも、娘が秀才と言われている理由の一つではないかと思います。

まとめ

  • 林真理子の娘の名前は東郷麻美と噂されている
  • 関空と電通のどちらかに就職したと噂されるが詳細は不明
  • 大学はエスカレーター式のため青学の可能性が高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました