吉沢亮が三浦春馬に嫉妬された?マネージャーやコメントの闇

スポンサーリンク

吉沢亮は、半沢直樹Ⅱでも高坂圭役を好演しましたが、来年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演の渋沢栄一役を演じることで注目されている俳優です。

そんな吉沢亮に、あの三浦春馬が嫉妬していたという噂があります。

また、三浦春馬の自殺には吉沢亮のマネージャーが関係しているという噂もありますが、それらの噂がどこから出てきたのか、そしてそれらは事実なのでしょうか?

調べてみましたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吉沢亮の大河出演に三浦春馬が嫉妬していた?

もともと三浦春馬は、吉沢亮のことをとても可愛がっていたといいわれています。

しかし、一方でそんな吉沢亮のことを、三浦春馬が嫉妬していたとも噂されているようです。そして、その噂はどこからきたのでしょうか?

もともと2人は芸能プロダクション・アミューズに所属していて、吉沢亮は三浦春馬の後輩にあたります。

吉沢亮と三浦春馬は、映画「銀魂2」で共演しています。吉沢亮が沖田総悟役で三浦春馬が伊藤鴨太郎役でしたが、この「銀魂2」でも三浦春馬は吉沢亮をかわいがっていました。

2019年7月16日に放送された「めざましテレビ」に出演した三浦春馬は、その時同じ所属事務所の佐藤健や、吉沢亮のめざましい活躍ぶりを見てどう感じるかと聞かれるシーンがありました。

三浦春馬はそれに対し「頑張っているなっていうのと、その裏にはクソ~っていう醜い嫉妬心はあります」と笑顔で答えています。

どこまでが本心なのかは、今では知ることができませんが、本人が語るように「醜い嫉妬心」は、気持ちのどこかにあったのかもしれません。

だからといって、その発言を悪いほうに拡大して、吉沢亮や佐藤健に嫉妬していたと決めつけることはできないのではないでしょうか?

ただ、相手が同じ事務所の後輩だとしても、そうした気持ちはどんな役者にもあるような気もしますし、むしろ三浦春馬は素直にそれを語ったに過ぎないともいえます。

そして、その約2ヶ月後に後輩の吉沢亮が、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主役を演じることが決定しました。

その時の三浦春馬の気持ちはどうだったのでしょうか?その少し前に、吉沢亮への嫉妬のような発言があったばかりです。

三浦春馬の発言と、その後の大河ドラマの主演が決まった吉沢亮への嫉妬は、それが事実のようにネット上でも噂になっています。

また、そのことが自殺の原因だとする噂までありますが、それは本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

吉沢亮のマネージャーが三浦春馬から大河を奪った

吉沢亮が来年の大河ドラマの主役を射止めた裏には、吉沢亮のマネージャーに関連した噂があります。

ネット上の噂では、もともと大河ドラマの主役は三浦春馬でしたが、吉沢亮についていた「50代の権力をもった女性マネージャーが吉沢亮に主役を変更させた」といわれています。

そのことでYahoo知恵袋に以下のような投稿がありました。

マネージャーの言動に三浦春馬が抗議したら、その女性マネージャーは三浦春馬を恫喝し、死ねばいいと暴言したという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

もしこれが事実なら、三浦春馬の自殺には女性マネージャーが大きく関与していることになります。

しかし、この噂はよほどアミューズの内情に詳しい人でない限り、それが事実なのかどうかは分からないのではないでしょうか?

それではなぜ、アミューズの身内のことが噂としてネット上にあがってきたのでしょうか?

調べていくと、それはどうやら三浦春馬さんに関する霊視動画が発信元だったようです。

三浦春馬が亡くなったあと、既に動画は削除されていますが、複数件で霊視による死因などがネットにも公開されていました。

その多くが三浦春馬の死因について

・50代の女性
・幹部マネージャー
・仕事上で関係している人
・親しい仲間からの裏切り

といった共通のキーワードがありました。

たとえば、アカシックレコード・シンという方の霊視動画では以下のようなキーワードをあげています。

・52歳くらいの女性からの裏切り
・非常に権力を持った人
・ドラマの収録が終わったら引退すると宣言した
・引退するなら死んだほうが良いのでは?と言われた

そして、どうやらそれらのキーワードから、吉沢亮のマネージャーが噂として上がってきたのではないかともいわれています。

霊視に信憑性がないとしても、複数の霊視動画で同じようなキーワードが上がってしまうとつい信じたくなるのも分かります。

しかし、それはネット上の噂に過ぎませんから、事実でない可能性もあり、そのことで吉沢亮に迷惑をかけることは避けたいものです。

スポンサーリンク

吉沢亮が三浦春馬からコメントをもらっていた?

7月21日に放送された「グッとラック!」にVTR出演した抜刀術宗家の楠見彰太郎は、三浦春馬のことを語っています。

楠見彰太郎は、三浦春馬が師と仰ぐ俳優であり抜刀術宗家で、2年前から演技の幅を広げるために三浦春馬に剣術の指導をしていました。

そして、三浦春馬が亡くなる8日前に楠見彰太郎宛に次のようなメッセージが届けられていたことを明かしています。

それは「アミューズの若い宝をお願いします」というものでした。
そのアミューズの若い宝というのは、来年からの大河ドラマに主演が決まった吉沢亮のことだとすぐに想像できます。

このメッセージは、楠見彰太郎に送られたものですが、同時に吉沢亮に宛てたようなメッセージとなっていることに注目すべきではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

・吉沢亮は三浦春馬から嫉妬されていたと噂されている
・三浦春馬の自殺の原因には、吉沢亮のマネージャーが関係しているという噂がある
・しかし、それらには噂に過ぎす確証はない
・三浦春馬はまるで吉沢亮に宛てたようなメッセージを楠見彰太郎に送っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました