木村花の母親が髪型を現役プロレスラー時代に戻して戦闘態勢


Photo by 日刊スポーツ

恋愛リアリティバラエティ『テラスハウス』に出演したプロレスラー木村花さん(享年22歳)の母親の木村響子さんが誹謗中傷問題に対して告訴の意思があることを公表し話題になっています。

また、髪形やメイクを現役時代のときと同じスタイルに戻し、まさに戦闘態勢といます。
今回は、そんな木村花さんの母親、木村響子さんについて迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

木村花の母親木村響子の髪型が話題

2018年1月25日放送のアウトデラックスに木村花さんと木村響子さんが一緒に出演をされたことがあり、この時の母木村響子さんの髪形は金髪ショートヘアという感じでした。

ただ、プロレスファンからすると、木村響子さんの現役時代といえば爆発したようなヘアスタイルを想像する人が多いのではないでしょうか。


Photo by バトル・ニュス

そして、2020年8月6日に行われた、インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策プロジェクトチームに参加された際には、現役時代の髪形に戻して参加したことが話題になりました。

木村花さんの母、木村響子さんが現役時代の髪形に戻したのには、木村花さんの誹謗中傷問題が関係しています。

木村花さんと言えば、2020年5月23日未明、江東区の自宅マンションのベッドの上で心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認されました。

遺書も見つかり、自殺を図ったとみられていますが、その原因として、恋愛リアリティバラエティ『テラスハウス』に出演したことでSNS上の誹謗中傷に悩まされていたとされています。

亡くなる直前のインスタグラムではリストカットしたと見られる写真も投稿しており、精神状態が相当不安定だったことが伺えます。

【以下引用】
木村さんは死去当日の23日午前3時頃、インスタグラムに愛猫との写真を掲載し、「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」などと投稿。また、「愛されたかった人生でした」の言葉とともにリストカットした血だらけの腕の写真も添え、その後削除された。
【引用元:SANSPO.COM(サンスポ)

ネット上での誹謗中傷問題が社会問題化し、フジテレビも『テラスハウス』の制作に問題無かったか検証を行いました。

しかし、その検証は第三者委員会を立てるようなものではなく、社内の人間のみで行われた社内調査のみで、検証結果も指示や強要のような発言は無かったとテンプレートのような報告結果だったため不満が噴出しました。

【以下引用】
報告は番組関係者などへの聴取に基づくもので、木村さんに対するSNSでの炎上について、「制作スタッフは多くの批判が寄せられることを予見できず、炎上させる意図はなかった」などと結論づけた。
【引用元:毎日新聞

当然この検証結果に対して、木村花さんの母親、木村響子さんは炎上していることを知りながら何度も何度も放送しておいて、今さらケア足りなかったと今さら言われても本末転倒と不信感を吐露しています。

【以下引用】
「あの番組の内容を見て誰が納得するのか。あれだけのひぼう中傷が殺到した時点でおかしいとならなかったのか疑問ですし、そもそも出演者に心のケアが必要になることがおかしいと思います。放送をしないことが彼女をいちばん守ることだったと思いますが、Netflixや地上波で繰り返し放送され、ケアが不十分だったといまさら言われても本末転倒だと感じます」
【引用元:NHKニュース

今回の事件のきっかけは番組の制作に問題があったかもしれませんが、しかし、悪いのはやはり誹謗中傷を行っていたSNSユーザーであることに変わりはありません。

現在木村響子さんは誹謗中傷を行った犯人に対して法的措置を検討しております。

そして、今後裁判などで本格的に戦っていくことになるため、自身の気合いを入れるという意味を込めて現役時代の髪形とメイクにあえて戻したわけです。

【以下引用】
響子さんは「花がなぜ私たちから奪われてしまったのか、明確にしないといけない。人前でお話しできる心境ではありませんが、現役時代のメークと髪形をして、気持ちを強く切り替えてきました」と明かした。
【引用元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

木村花の母親木村響子の髪型に対して誹謗中傷?

木村花さんの死を受けて、現役時代の髪形に戻し戦闘態勢になった母親の木村響子さんですが、事の発端が誹謗中傷による騒動であったにも関わらず、木村響子さんの髪形に対しても誹謗中傷する投稿が目立ちます。

現役時代を知るものとしては、髪形を見て真っ先に思うのは「本気だ」という感想ですが、やはり現役時代を知らない人は、「なぜこんな髪形?」という印象になってしまうんですかね。

しかし、木村花さんの母親、木村響子さんのSNS誹謗中傷問題に対する思いはインタビューなどを見ても本気なのがひしひしと伝わってきます。

ネット上の誹謗中傷に法整備を 木村花さん母が訴え(20/08/06)

髪形や見た目などで判断はせず、問題の本質、被害者が誰で加害者が誰なのかしっかりと見極めることが必要な気がします。

今後も法的措置に関しては少しづつ動きがあるかと思いますので、進展に期待したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 木村響子さんが髪型を現役時代に戻す
  • 誹謗中傷問題と法廷闘争に向けて戦闘態勢に入る
  • 髪形に対してまでも誹謗中傷が始まっている

コメント

タイトルとURLをコピーしました