沢尻エリカの薬中と元旦那高城剛との離婚に隠された衝撃の闇


Photo by 文春オンライン

2019年11月16日、合成麻薬のMDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者ですが、実は沢尻エリカ容疑者の薬中疑惑は今に始まったことではなく、過去に大麻パーティーの写真が流出したこともありました。

過去に薬物疑惑が報じられる度に、元旦那の高城剛は沢尻エリカが薬中であることを知っていたのかと注目が集まりましたが、実は公式に沢尻エリカと薬の関連について発言をしています。

また、当時理由がはっきりとしなかった元旦那高城剛との離婚ですが、実はここにもカネとクスリにまみれた芸能界の闇が潜んでいたのです。

スポンサーリンク

沢尻エリカの薬中を元旦那高城剛は知っていたのか?

2019年11月16日、麻薬取締法違反容疑で女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されました。

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の織田信長の正妻役で出演が決まり、今年の6月からすでに収録がされていましたが、今回の沢尻エリカ容疑者の逮捕によって、代役を決めることが明らかになりました。

沢尻エリカ大河ドラマの代役は誰?逮捕続出で呪われてるの声
2019年11月16日、合成麻薬のMDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカですが、2020年1月スタートの大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』に出演予定となっており、降板は必至と言われています。 大河ドラマファンとしては気になるのは、沢尻エリカの代役ではないでしょうか。 しかし、ピエール瀧が逮捕されたばかりで、大河ドラマに呪われてるの声まで出てきています。 今回は、沢尻エリカの大河ドラマの代役を予想しつつ、逮捕者続出中の大河ドラマの呪いをご紹介します。

沢尻エリカ容疑者は、いつから薬物を使用していたのか疑問を持つ方も多いと思いますが、警視庁への取材で10年以上も様々な麻薬を使用していたことが判明しています。

【以下引用】
合成麻薬のMDMAを所持していたとして逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者が調べに対して「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していました。有名人が薬物で逮捕されるたび私も危ないと注意していました」と供述していることが、警視庁への取材でわかりました。
【引用元:NHKニュース

では沢尻エリカ容疑者の薬物疑惑が世に出てきたのはいつ頃からになるのでしょうか。

最も古い情報だと、2009年の前事務所から契約を解除された時だと言われています。

沢尻エリカ容疑者は、現在はavexに所属していますが、当時はスターダストプロモーションに所属していました。

スターダストプロモーションは、押尾学、酒井法子が覚醒剤所持で逮捕されていますから、当時所属タレントを薬物検査しています。

そして、この時の検査で沢尻エリカ容疑者が大麻常習者ということが発覚したのです。

【以下引用】
前の所属事務所スターダストプロモーションは、酒井法子さんらの薬物事件を受けて、09年9月10日にエリカさん同意の下で薬物検査を行った。その結果、大麻の陽性反応が出た。しかし、エリカさんは、大麻の使用を止めることはできないと表明した。これに対し、事務所では、9月29日付でエリカさんに契約解除を通知した。
【引用元:J-CASTニュース

そして、この情報を裏付けるように、当時の所属事務所であったスターダストプロモーションからは契約を解除するという公式文書が流出しています。

【以下引用】
1 当社(スターダスト、編集部注)は、本人との平成15年8月1日付のマネージメントに関する専属契約(以下「専属契約」といいます)を、本日をもって解除いたします。

2 本解除は、平成21年9月10日に本人の同意のもと薬物検査を実施したところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条(1)に該当することによるものです。
【引用元:文春オンライン

では、この時、元旦那でハイパーメディアクリエイターの高城剛は沢尻エリカ容疑者が薬中であることを知っていたのでしょか。

実は、このスターダストプロモーションから発表された文書に対して、元旦那の高城剛が書面が本物であると発言しています。

【以下引用】
高城はこう語っている。

「当時、僕はスターダストの事務所に呼び出され、取締役F氏とマネージャーのK氏から、この件について直接聞きました。書類は間違いない」
【引用元:J-CASTテレビウォッチ

スポンサーリンク

薬中だけじゃない!沢尻エリカと元旦那高城剛との離婚に隠された闇

沢尻エリカ容疑者の元旦那の高城剛氏は、結婚前に沢尻エリカ容疑者の薬物使用の事実を知って、ロンドンで現地の代替治療施設に通わせていました。

そして、治療がうまくいき彼女が立ち直ったように見えたので結婚したといいます。

ではなぜ離婚したのでしょうか。

実はこれは薬物利用の弱みを握られ無理やり離婚させられたのです!

沢尻エリカ容疑者がスターダストプロモーションから契約解除され、芸能界から干された状態でしてが、ここで助け舟の出したのが現在所属しているエイベックスの松浦勝人社長です。

【以下引用】
実質的に業界を干された恰好の沢尻を採用したのが、現在の所属事務所エイベックスである。

同事務所が、沢尻の獲得に動きはじめたのは、2010年。きっかけは同年四月に、同社の松浦勝人社長がツイッターでつぶやいたことだった。

「エリカ様がavexならなぁ…絶対売る自信があるんだけど」

沢尻が高城氏との離婚を一方的に表明したのはその直後の4月27日の事だ。エイベックスとの契約は、水面下で交渉が進められ、同年9月10日付の日刊スポーツに同社の「(沢尻との)本契約に向けて、基本合意書の最終調整をしております」というコメントが掲載された。
【引用元:文春オンライン

実際に、沢尻エリカ容疑者は離婚騒動が始まる前に、エイベックスの松浦社長に会って話をしています。

その会話の中で松浦社長は、沢尻エリカ容疑者に「スターダストから大麻の話は聞いている。ドラッグ検査のやりとりの録音も持っている」と話しています。

さらに、エイベックスの松浦社長は「高城と離婚することが、エイベックスとの契約の条件」だと言い、「俺が離婚させてやる。マスコミはどうにでもなる」と話したそうです。

松浦社長からそんな話を聞いた沢尻エリカ容疑者は、「エイベックスに行くしかない」と話していたといいます。

【以下引用】
「エリカは、離婚騒動がはじまる前に、エイベックスの松浦勝人社長に会ったと言いました。松浦社長は彼女に『スターダストから、大麻の件を聞いている。ドラッグ検査の際のやりとりの録音も持っている』と話したということです。
そして、『高城と離婚することがエイベックスとの契約の条件』とし、『俺が離婚させてやる。マスコミはどうにでもなる』と話したというのです。
弱みを握られたエリカは、『エイベックスに行くしかない』と話していました」
【引用元:J-CASTテレビウォッチ

そして、エイベックスに行き、沢尻エリカ容疑者が復活したと言われている作品が、衝撃のフルヌードを見せた『ヘルタースケルター』です。

なぜ脱いだのか話題になりましたが、薬中である弱みをエイベックスの松浦社長に握られ、断ることができない状況だったと考えられます。

エイベックス松浦社長の闇は他にもありますので興味がある方は過去記事も見て下さい。

浜崎あゆみの小説は松浦勝人と共謀したヤラセビジネスだった
浜崎あゆみが小説『M 愛すべき人がいて』を発売しましたが、内容がエイベックスの松浦勝人会長との不倫を告白した暴露本になっており非常に話題になっております。 テレビ朝日によってドラマ化されることも決まりましたが、その裏でなぜ今さら暴露本を出したのか、あまりにも早い映像化の決定などに芸能界の内外を問わず疑問の声が噴出しております。 どうやら今回の浜崎あゆみの小説は松浦勝人会長も絡むヤラセビジネスの疑惑が出ているんです。

また、芸能界の闇はエイベックスだけではありません。

それは「TBSは沢尻エリカの薬物を認識していながら起用していた」ということです。

沢尻エリカ容疑者は、2009年にスターダストを解雇され、ヒロイン役を内定していた映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を降板されましたが、その制作委員会にTBSが名前を連ねていました。

しかし、その後TBSの『悪女について』で沢尻エリカ容疑者が起用されたのです。

元旦那の高城剛氏は、当時の制作委員会の人から、TBSにも薬物検査の結果がスターダストから伝えられていると聞いていると証言しています。

高城剛氏は、ヤマトで沢尻エリカ容疑者を降ろしたTBSが、なぜ再びドラマに起用したのか、薬物問題をどうパスしたのか理解できないといい、沢尻エリカ容疑者の弱みに付け込み、裸にして金にしようとしたのが、離婚騒動に隠された真実なのだと語っています。

【以下引用】
「なぜ、ヤマトでエリカを降ろしたTBSが、エリカを再びドラマ(「悪女について」=筆者注)に起用するのか。薬物問題はどうパスしたのか。理解できません。エイベックス、スターダスト、TBSなどのメディア、そして取り巻きのクリエイターたち‥‥。エリカの薬物を認識する人は複数います。それを見て見ぬ振りを決め込み、握り潰し、夫を黙らせようとする。
そして、エリカの弱みを握り、裸にして、カネにしようというのが、このたびの離婚騒動に隠された真相なのです」(高城)
【引用元:J-CASTテレビウォッチ

こうした芸能プロやTBSを巻き込んだスキャンダルですが、「エイベックス」や「スターダスト」に恐れをなしたのか、この事実は一部の夕刊紙を除いて、ほとんどの新聞、テレビで取り上げることはしませんでした。

スポンサーリンク

沢尻エリカと薬仲間が行った大麻パーティーとは

沢尻エリカ容疑者は、合成麻薬(MDMA)を所持していたことで逮捕されましたが、その沢尻エリカ容疑者が以前大麻パーティーをしていた時の画像が流出しています。

沢尻エリカ容疑者は、2010年にスペインのバルセロナで大麻インストラクターのセルジオさんと出会い、大麻パーティーを頻繁に行っていました。

セルジオさんの証言によると、当時、スペインの女友達から「日本人の女の子でマリファナが好きな子がいるから会ってあげて」と言われ、紹介されたのが沢尻エリカ容疑者でした。

セルジオさんの証言では、沢尻エリカ容疑者は、みんなでマリファナを吸うのが好きだったといい、マリファナをよく人にあげていたそうです。

沢尻エリカ容疑者は大麻を紙に巻いて、女の子らしい可愛い吸い方をしていたそうです。

そして、マリファナを吸い始めると、目が赤くなって笑顔になると証言しています。

沢尻エリカ容疑者は、当時すでにマリファナのことに詳しく、色んな種類のマリファナの話をしていたといい、その頃から様々な麻薬を使用していたと証言しています。

【以下引用】
『明日セルジオの家で、マリファナ・パーティがあるから来ない?』とエリカを誘った。次の日、彼女は自分から俺の家に来たよ。

 エリカは、みんなでマリファナを回しながら吸うのが好きだった。エリカは”葉っば(マリファナ)”をよく人にあげていた。紙に巻いて、女の子らしい可愛い吸い方だったね。キマってくると目が少し赤くなって、にっこり笑顔になるんだ。
【以下引用:文春オンライン

セルジオさん沢尻エリカ容疑者と当然大人の関係にありましたが、その際にエクスタシーを使用していたと言います。

エクスタシーは、今回沢尻エリカ容疑者が逮捕されるきっかけとなった合成麻薬MDMAの別名のことです。

【以下引用】
セルジオはエリカと寝るとき、エクスタシーという合成麻薬の一種も使ったと証言している。これを高城にぶつけると、エリカ本人から聞いたと裏付けている。
【引用元:J-CASTテレビウォッチ

10年以上様々な麻薬を使っていると証言していますが、少なくともMDMAはこの時から利用していたことは確実でしょう。

沢尻エリカ容疑者は、マリファナとシャンパンで酩酊し、ソファーの上でぶっ倒れていたこともあるそうです。

沢尻エリカのクラブ渋谷「W」はどこ?WOMBで目撃情報!
麻薬取締法違反で逮捕された沢尻エリカ容疑者ですが、家宅捜査される3時間前までクラブで飲み明かしており、そのクラブが渋谷にある『W』であると週刊文春がスクープをしています。 やはり気になるのは渋谷『W』がいったいどこなのかということだと思います。 ネット上では、渋谷の『WOMB』で沢尻エリカ容疑者の目撃情報があり、逮捕される前日まで飲んでいたところも渋谷の『WOMB』ではと言われています。 今回は、沢尻エリカ容疑者が行きつけのクラブについて特集します。
沢尻エリカと片瀬那奈のばかうけクラブ通い動画が完全に薬中
沢尻エリカがMDMAの所持で逮捕されましたが、姉妹のような関係と語る片瀬那奈が薬のことを知らなかったと語り、世間からは嘘くさいという声が多く出ました。 中には沢尻エリカだけでなく、片瀬那奈も薬をやっているんじゃないかという疑惑まで出てきています。 そんな中、沢尻エリカと片瀬那奈が一緒にクラブ通いをして、セクシーダンスをする動画がネット上に流出してしまったのですが、その時片瀬那奈が『ばかうけ』を食べながら踊っていたことで非常に話題になっています。
スポンサーリンク

まとめ

  • 沢尻エリカの薬中を元旦那高城剛は知っていた
  • エイベックスに弱みを握られ離婚させられた
  • TBSも薬物利用を知っていて起用した疑惑がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました