ロシア系関西人オネエの小原ブラスが新時代で面白い!


Photo by instagram

じわりじわりとテレビへの出演を増やしてきているロシア系関西人オネエの小原ブラスですが、クールな外見からは想像もつかないバリバリの関西弁で喋る姿が面白いと最近話題になっています。

『外国人が見るニッポン』というコラムも連載していて、鋭い切り口から時事ネタを切る姿に、今後コメンテーターとしても活躍しそうな雰囲気も感じます。

今回は、新たに登場したオネエ界の新生、小原ブラスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小原ブラスのWIKI風経歴紹介

今回は小原ブラスを徹底的に紹介する記事ですので、まずはWIKI風の経歴を紹介していこうと思います。

名前:小原 ブラス(コバラ ブラス)
愛称:ブラス
生年月日:1992年4月20日
年齢:26歳(2019年時点)
出身地:ロシア、ハバロフスク
身長:175cm
血液型:O型
中学時代の部活:バレー部
職業:サラリーマン・モデル・コラムニスト・タレント

ロシア連邦極東地域の街ハバロフスクで生まれ、両親はロシア人ですので、純血・生粋のロシア人です。

日本での永住権は持っていますが、国籍はロシアです。

1997年の5歳の時に両親が離婚をし、日本人男性と母親が再婚をしたことで、兵庫県姫路市に住むことになります。

神戸市の在住歴が長いのですが、幼少期のほとんどを関西で過ごしたため、バリバリの関西弁を喋る異例のオネエとなりました。

2010年7月、18才の時に『ぶいら』の名前でニコニコ生放送を始め、その後ニコ生主として人気を博し、ニコニコ超会議などイベントへも多く出演していました。

2012年の上京を機に配信業から離れ、現在は産経デジタル、ZAKZAKなどのWEBメディアにコラムを掲載するなどコラムニストとして活躍しています。

2019年4月からは、色物が多い番組として有名なTOKYO MX「5時に夢中!」で水曜レギュラーとして出演しています。

最近では、YouTubeで配信活動を再開し、同じロシア人タレントのアレクサンドラと『ピロキシーズ』を結成し、YouTuberとしても活動中です。

芸能人のような活躍ぶりですが、驚くは、今でも現役でサラリーマンをしていると言う点です。

ツイッターでも、とても芸能人っぽいSNSにも関わらずところどころで会社について言及していいる様子が、どこか違和感があり面白いです。

スポンサーリンク

小原ブラスは本当にオネエ?

小原ブラスは上述したようにニコ生主として人気がありましたが、当時の活動ネームである『ぶいら』で調べてみてもどこにもオネエであるという紹介はありません。

ウィキペディアを見ても、オネエの記載はなく、もしかしてビジネスオネエか?と少し疑いましたが、事務所が公式で出しているプロフィールにはしっかりとオネエと紹介されていました。

【以下引用】
小原 ブラス(コバラ ブラス)、ロシアの政治家家系で育ち、5歳から日本(関西)に移住。 かつては動画配信サービス〈ニコニコ動画〉で有名な配信者であった。また、この容姿だが学生時代は家庭教師の経験もあり。見た目は純ロシア人、しかし関西育ちの新おねえタレント・コラムニスト。 コテコテの関西弁で外国人からみた日本の政治や日本のフシギに物申す!!
【引用元:小原ブラス | TWIN PLANET ENTERTAINMENT

ツイッターも見てみましたが、要所要所でオネエっぽい発言もあって、例えば佐川男子に対して乙女心を出したりしています。

意味の分からん美容グッズが本当に意味分からなくてそっちが気になって仕方ないですが、今回はオネエかどうかの検証ですので一旦置いておきましょう。笑

他にも女子会をしているという発言もあります。

おかまとの交友関係もあるみたいですね。

スポンサーリンク

小原ブラスは代打黒船特派員で本間ババ代

メインの活動はコラムニストなのですが実は様々な名称でテレビ出演をしています。

先ほど、TOKYO MX「5時に夢中!」で水曜レギュラーとして出演中と紹介しましたが、この番組では黒船特派員のメンバーで活動しているため、名前ではなく黒船特派員の人という風な覚えられ方をしているようです。

去年頃はグーグルで黒船特派員で検索すると、候補の一番最初の小原が出ていたようで、小原ブラスがツイッターで喜んでいました。

残念ながら今は出てきませんでした。

他にも本間ババ代というキャラを演じてテレビ出演したこともあります。

これは、『水曜日のダウンタウン』で行われた『不思議ちゃんオーディション』という企画なんですが、この企画で演じたキャラで、見た目は外国人だが、実は大阪生まれ大阪育ちのおばちゃんで、整形のやり過ぎでこうなったという設定です。

この本間ババ代というキャラはあまりの衝撃に、放送時にはヤフーの検索ランキングで8位を記録しました。

実はこの設定は昔『月曜から夜更かし』に観覧に行った際に、マツコ・デラックスに本当に言われたことを覚えていて、それを参考にしたそうです。

スポンサーリンク

小原ブラスは大学に行っているのか

小原ブラスは政治のとても詳しく、様々な時事ネタに鋭い切り口で突っ込みを入れる様子から、非常に頭のキレが早いのが分かります。

最終学歴が非常に気になったのですが、実は情報として公表されておらず、大学へ行っていたのかは不明です。

今後コメンテーターとしての仕事が増えれば、その辺の情報も公表されていきそうですが、小原ブラスに関しては勉強ができるかどうかと言うよりも、地頭が非常に良いような気がします。

ニコ生時代の『ぶいら』で調べたところ、高校卒業後、進学と同時にモデル業を再開という記載は見つけましたので、大学なのか専門学校なのか、はたまた中退なのか真相は定かではないですが、進学はしているようです。

【以下引用】
子どもの頃からファッションモデルの仕事をしていて、放送中に掲載雑誌を見せてくれたことがある。高校卒業・進学と同時にモデル業再開。
【引用元:ぶいらとは (ブイラとは) – ニコニコ大百科

スポンサーリンク

小原ブラスの連載コラムが人気?

小原ブラスは『夕刊フジ』の公式WEBメディア『ZAKZAK』で連載中の『外国人が見るニッポン』というコラムに不定期で寄稿しています。

コラムはこちら

色々な人が不定期に連載をしているのですが、小原ブラスのコラムは鋭い切り口と独自の視点で書かれているため、実は特に人気が高いんです。

MSNニュースというインターネットエクスプローラーの標準トップ画面に表示されるニュースがあるのですが、ここで総合トップに選ばれています

ヤフーニュースにも掲載されています。

現役サラリーマンで、外国人なのに関西弁喋って、しかもオネエで、コラムとか書いてテレビ出てるという情報量が多すぎな小原ブラスですが、今後必ずテレビ出演が増えてきますので、これからの活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • バリバリ関西弁を喋るガチのロシア人
  • 黒船特派員や本間ババ代など色々な顔を持っている
  • メインのコラムは非常に面白い

コメント

タイトルとURLをコピーしました