山口達也の息子Shotaro(しょうたろう)の身長・年齢は?英語は学校で習った?

TOKIOの元メンバーである山口達也の息子・Shotaro(しょうたろう)が、ハワイ発のボーイズグループ『Crossing Rain』のメンバーとしてデビューしました。

山口達也に似た端正なお顔立ちが魅力のShotaroですが、身長や年齢が気になっている方も多いのではないでしょうか。

また、英語力がすごいとの噂もありますので、通っている学校も気になりますね。

今回の記事では、山口達也の息子・Shotaroがどんな子なのかということについて、調べてまとめていきたいと思います。

山口達也の息子Shotaro(しょうたろう)の身長・年齢は?

山口達也の息子・Shotaro(しょうたろう)のプロフィールを紹介いたします。

本名:高沢笑太郎
読み方:たかさわ しょうたろう
生年月日:2008年5月8日
年齢:13歳(2021年12月時点)
身長・体重:非公表
出身地:神奈川県
現住地:ハワイ

父親の山口達也と母親の高沢悠子は離婚していますので、本名は山口笑太郎ではなく高沢笑太郎になります。

Shotoroは2008年生まれですので、2021年現在は13歳で、まだ中学1年生です。

身長については、公表されていません。

Shotoroは、2020年の9月頃に母親の高沢悠子と並んで一緒に撮った写真が公開されているのですが、なんとなく2人は同じくらいの身長に見えますね。

ただ、母親の高沢悠子の身長もまた公開されていません。

高沢悠子は元モデルの方なので、一般的に考えれば、身長は160cm代中盤だと思われます。

よって、Shotoroの現在の身長は160cm~170cmくらいではないかと予想されています。

しかし中学生ですから、身長はグングン変わる時期ですし、この1年でまた身長は変わっているかもしれませんね。

もしかしたら、今はとっくに母親の身長を越しているなんてこともあるかもしれません。

ちなみに、父親の山口達也の身長は167cmだそうです。

なんとも言えませんが、父親と似たタイプであるなら、将来的に身長はそんなに高くならないかもしれませんね。

山口達也の息子Shotaro(しょうたろう)が13歳の若さで芸能デビューした理由とは?

Shotaroは両親に似て、とっても端正な顔立ちをしておりイケメンなのですが、わずか13歳で芸能活動を始めたことにちょっぴり違和感を感じている人も多いのではないでしょうか。

Shotaroは幼い頃にご両親が離婚されており、お母さんに引き取られ育てられていました。

そして小学生のときには、山口達也の強制わいせつ事件が発覚。  

女子高生を自宅に招き無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で人気グループ、TOKIOのベース担当、山口達也メンバー(46)を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。
【引用元:サンスポ

お母さんは子どもたちを守るためにハワイに移住することを決めます。

しかしお母さんは慣れないハワイでの子育ての中、詐欺に遭い多額の貯金を騙し取られてしまうという事態に陥ってしまいます。

さらに2021年の夏には、お母さんは左胸に腫瘍が見つかり手術をすることに。

体調面でも不安な状態になりました。

Shotaroはお金の面でも、精神や体の面でも、ダメージを受けたお母さんを支えたいと思うようになっていきます。

Shotaroが中学1年生という若さでデビューを決めた背景には、お母さんを守りたいという強い思いがあったのでしょう。
    
またShotaroはお気に入りのエンターテイナーとして、父親・山口達也の名前も挙げていますので、以前から父親を通して芸能活動に興味を持っていたのかもしれません。

山口達也の息子Shotaro(しょうたろう)は英語は学校で習った?

山口達也の息子・Shotaro(しょうたろう)は、まだ中学1年生であるにも関わらず、英語はかなり堪能でペラペラと喋れるレベルなのです。

ハワイ在住とはいえ、中学1年生でペラペラはすごいですよね。

Shotaroがハワイに住むようになったのは、小学校3年生の時でした。

この時点では、英語はまったく話せなかったというShotaroですが、インタナショナルスクールに通いながら、英語を一生懸命に勉強したのだそうです。 

2019年6月8日のインスタで母親の高沢悠子は、Shotaroと弟の力丸くん、二人の息子に対してメッセージを送っているのですが、Shotaroについては英語で学内の賞をもらったことを褒めています。

2019年ですから、今から2年ほど前で、Shotaroは小学5年生ですね。

おそらく学校のイベントなどで獲った賞だと思われますが、小学5年生のときにはすでに、英語が得意になっていたようですから、素晴らしいです。

小学校3年生から小学5年生というまだまだ普通の男の子なら遊びたい盛りの幼い年齢の時期に、外国語を取得してしまうなんて、ずいぶんとしっかりしていて精神的に大人なんだなと思いました。

そんなShotaroがどこの小学校に通っていたのか気になり、調べてみたところ、Mary Star of the sea School(メアリー・スター オブ ザ・シースクール)という私立の学校に通っていることが判明しました。

先ほどの英語の賞を受賞したと報告したインスタに制服が載っており、校章もわかるので確実でしょう。

ちなみに弟の力丸くんもこちらの学校に通っています。

こちらの学校の授業料は、年間日本円で約100万円とのことですので、決して安くはないですね。

しかし1クラスに生徒が10人程度と、少人数制のアットホームな雰囲気の学校なのだそうで、留学初心者には優しい学校であるようです。

Mary Star of the sea Schoolは、2歳~中学生までの生徒を受け入れているそうですから、当時小学3年生だったShotaroが通う学校として、ちょうど良かったですね。

ただ2歳~中学までひとつの学校に通うという教育体制は日本では考えられないので、びっくりしました。
 
Mary Star of the sea Schoolは、英語が母国語ではない子供がたくさん通っていて、英語の補講に力をいれているとのこと。

Shotaroが英語力を磨くことができた背景には、通っていた学校の教育の充実があったようです。

まとめ

  • 山口達也の息子Shotaro(しょうたろう)が芸能デビューした
  • 13歳の若さでデビューしたのは母親を助けるため
  • Shotaroはインターナショナルスクールで英語は学んだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました