杉咲花の両親|父親はレベッカ木暮武彦(シャケ)で母は元マクロスとキャンドルアーティスト

卓越した演技力とかわいらしいルックスで、若手女優の中でも一線を画す存在の杉咲花(すぎさきはな)

そんな杉咲花ですが、実は両親ともに有名人であり、二世タレントでした。

父親は、レベッカのシャケこと木暮武彦で、母親は、キャンドルアーティストでマクロスのチエ・カジウラなのです。

今回は、気になる杉咲花の両親に関する情報、また兄弟についても調べて、お届けします!

杉咲花の両親|父親はレベッカ木暮武彦(シャケ)

杉咲花のお父さんである木暮武彦は、ミュージシャンで『シャケ』という愛称で親しまれています。

かつては、NOKKOをボーカルとするグループ『レベッカ』のメンバーで、初代リーダーとギターを務めていました。

杉咲花の父親シャケこと木暮武彦は現役ミュージシャン

木暮武彦は、レベッカの『生みの親』とも言われていましたが、グループ全体の音楽の方向性が木暮武彦が望んでいた形からズレ始めたことを理由に脱退に至ります。

そんな木暮武彦は、現在は、DIAMOND☆YUKAI(だいあもんど ゆかい)をボーカルとする3人組グループRED WOEEIORSのギタリストとして活動しています。

渡米の経験をもとにソロアルバムも出しており、現在も順調に音楽活動を続けておられます。

木暮武彦の音楽は、ロック色が強く、疾走感のあるナンバーが多いようです。

杉咲花の父親シャケこと木暮武彦には2度の離婚歴がある

プライベートでは、木暮武彦には、2度の離婚歴があります。

一人目の奥さんは、レベッカのNOKKOです。

ということは、「杉咲花のお母さんはNOKKO?」と思ってしまいそうですが、それは違います。

木暮武彦とNOKKOの間に、お子さんはいません。

NOKKOにも娘さんはいらっしゃいますが、現在の夫・保土田剛との間のお子さんであり、夏乃というお名前なのだそうです。

木暮武彦の二番目の妻は、歌手のチエ・カジウラで、二人の間に生まれた娘さんが杉咲花です。

杉咲花は一人っ子であり、この二人の間には、他にお子さんはいません。

木暮武彦は、チエ・カジウラと離婚した後、『裕子さん』という一般女性と結婚しており、この方とは今も婚姻中です。

この女性との間には、息子さんがひとりいらっしゃるとのことです。

そんな木暮武彦は、1960年生まれで、現在は61歳です。

杉咲花は現在24歳ですので、36歳のときの子供ということになりますね。

杉咲花の両親|母親は元マクロスのキャンドルアーティスト

杉咲花のお母さんは、現在も歌手として活動しておられるチエ・カジウラです。

杉咲花の本名が『梶浦花』ですので、チエ・カジウラも本名をカタカナ表記にしただけでしょう。

杉咲花の母親チエ・カジウラはマクロスのミレーヌ・ジーナス

チエ・カジウラは、テレビアニメ『マクロス7』内で結成されたロックバンド『Fire Bomber』のヒロイン、ミレーヌ・ジーナスの歌唱パートを担当していたことでも有名で、この作品をきっかけに歌手デビューを果たしています。

マクロスは、その後も何曲かのヒット曲に恵まれましたが、方向性の不一致から活動休止に至ります。

その後は、ソロデビュー時のプロデューサーで、ベーシストのKANAMEとのユニット『SunS market』で活動していた時期もありましたが、こちらも現在は活動休止しています。

それ以降の音楽活動は、ずっとソロで頑張っておられます。

杉咲花の母親チエ・カジウラはキャンドルアーティストとして活躍中

また、音楽活動の傍ら、キャンドルアーティストとしての顔も持っており、イベントでのキャンドルプロデュースやweb販売もおこなっておられるのだそうです。

また、洗足学園音楽大学で、ボーカルの講師を務めたりもしておられるとのことです。

チエ・カジウラは、ご職業の内容が多岐に渡り、あらゆる感性に優れた非常に行動的な方なんだろうなと思いました。

また、チエ・カジウラの結婚歴は一度だけですので、杉咲花の父親・木暮武彦と離婚してからは、再婚はしていないようです。

ちなみに、チエ・カジウラは年齢を明らかにしていません。

デビューが1995年で、杉咲花は今年24歳ということを考えると50歳くらいかなと思われますが、ネット上に出回っている写真を見る限り、かなりお若く見えます。

さすが、ご自身も芸能人で、娘さんが女優さんといった感じですね。

杉咲花に兄弟はいる?関係は?

結論から行くと、木暮武彦とチエ・カジウラの間に生まれたお子さんは、杉咲花ひとりです。

ですから、杉咲花とご両親が同じである兄弟はいないということになります。

木暮武彦とチエ・カジウラの婚姻期間は、4年間ほどだったそうですが、結婚の時期は明らかにされていません。

しかし、お二人が婚姻していた時期は、おそらく90年代後半くらいだろうと予想されています。

前述した通り、木暮武彦には3回の結婚歴があります。

木暮武彦は、1993年にNOKKOと離婚して、2000年にチエ・カジウラと離婚していますので、その間に木暮武彦とチエ・カジウラの婚姻期間があるということになります。

ちなみに杉咲花は1997年生まれです。

チエ・カジウラとの離婚後、木暮武彦は、山梨県富士河口湖町に移住し、一般女性の方と結婚しているのですが、2003年には長男の『青葉くん』が誕生しています。

つまり、『青葉くん』は、杉咲花の『腹違いの弟』ということになります。

杉咲花と木暮武彦の現在の関係も明かされていませんし、『青葉くん』と杉咲花の間に交流があるのかどうかもわかりません。

もしかしたら、会ったことくらいはあるかもしれませんね。

それにしても、女優の杉咲花のご両親が、両方ともミュージシャンだったとは、驚きました。

職種こそ違いますが、杉咲花の演技の表現力の豊かさは、ご両親譲りなのかなと思います。

まとめ

  • 杉咲花の父親はレベッカの木暮武彦
  • 杉咲花の母親はアーティストのチエ・カジウラ
  • 杉咲花には母親が違う弟がいる

コメント

タイトルとURLをコピーしました