水谷果穂は浜松市出身で浜松湖東高校卒業!中学や大学はどこ?

「凪のお暇」や「イチケイノカラス」など話題作に多数出演されている女優の水谷果穂

今回はそんな水谷果穂が浜松出身であることを紹介するとともに、出身中学や高校、大学など学歴に関する情報についてまとめました。

ちょこちょこCMやドラマにも出演していた高校時代から、デビューに至るまでの子供時代のエピソードなどもあわせて紹介していきます。

水谷果穂は静岡県浜松市出身

水谷果穂の出身地を紹介すると共に、どのような幼少期を過ごしてきたのかを合わせてご紹介します。

水谷果穂は子供の頃からずっとアイドルが大好き

水谷果穂は、静岡県浜松市出身です。

水谷果穂は子供の頃から、女性アイドルが大好きで、特にミニモニ。がお気に入りだったそうです。

リビングやお風呂の中でも、とにかく歌っていたらしいですから、明るく楽しいお子さんだったようですね。

小学校になった水谷果穂が夢中になったのは、AKB48でした。

友達とグループを組み、BKA61と呼んでいたのだそうです。

小学校の高学年ぐらいになると、仲良しだった友達とグループを組んで、大好きだったAKB48をまねて歌っていました。グループ名もちゃんと考えたんですよ。AKBを文字って「BKA61」って。

BKAはバカを意味してて、61はメンバーの人数が6人+マネージャー1人だったのでこういう表記になったようです。

小学生女子らしい微笑ましいエピソードにほっこりしちゃいますね。

水谷果穂は5人家族で仲が非常に良い

そんな水谷果穂のご家族は、お父さん・お母さん、そして2人の妹さんという5人家族です。

お父さんはおしゃれでごはんがおいしいお店を探すことが好きな方だそうで、お母さんは友達のように娘たちに寄り添ってくれる方だそうです。

水谷果穂は、そんなご両親には、何でもお話できるらしいですよ。

ちなみに水谷果穂のお給料の管理は、お母さんがされているということなので、かなりお母さんのことを信頼されているようですね。

そして、水谷果穂は三姉妹の長女ということですが、あまりお姉さんっぽくはないらしく、妹さんたちからはよくイジられているとインタビューで語っています。

――お姉さんだとつっこまれる側より、つっこむ側のほうが多いと思うんですが、いじられキャラなんですか?

「3人姉妹の長女なんですが、権力の格差がなくて、妹にも結構なめられていると思います。私はお姉ちゃんぽくないんです」

姉妹の仲も良いみたいで、子供の頃は、一緒にアイドルを真似して、歌ったり踊ったりして遊んでいたらしいです。

明るく楽しそうな水谷果穂の家庭ですが、水谷果穂がご実家で生活中、家族は個人の部屋を持っていなかったらしくて、寝る部屋が家族みんな一緒だったのだそう。

家族仲良しの秘訣は、部屋による垣根がないことかもしれません。

水谷果穂は浜松市立入野中学校出身

水谷果穂は浜松市立入野中学校を卒業されています。

水谷果穂は中学時代はバレーボール部に所属していました。

そして、水谷果穂が芸能のオーディションを受けたのは、中学3年生のときでした。

なんとおばあちゃんが、水谷果穂には無断で研音が主催するオーディションに応募したのです。

後に、水谷果穂は書類審査で聞かされたと語っています。

「驚きました。書類審査が通った時点で初めて聞かされましたが、『追加で動画を撮る』と言われ、恥ずかしくて『撮らなくていいよ~』と言いました」

水谷果穂は、子供の頃は身長が高いことがコンプレックスだったのだそうです。

おばあちゃんは身長のことで悩む水谷果穂に自信を持ってほしくて、女優を目指したら良いのではないかと考えたようでした。

ちなみに水谷果穂の身長は163cmですから、女優さんだとしたら、それほど背が高い方ではありませんね。

しかし、ミニモニ。などのかわいい系のアイドルに憧れていた水谷果穂にとっては、ご自身の容姿はちょっぴり大人っぽ過ぎたのかもしれません。

おばあちゃんは、自分の魅力に気づいていない水谷果穂に、本人の素敵なところを教えたかったのでしょう。

おばあちゃんの孫への深い愛情を感じますね。

そんな、とっても繋がりが深いおばあちゃんと水谷果穂ですが、一緒に暮らしていたことはないそうです。

おばあちゃんは、生け花や着物の着付けができて、流離や手芸も得意だそうですから、とっても粋で女性らしいおばあちゃんなんでしょうね。

水谷果穂は静岡県立浜松湖東高校卒業

水谷果穂は静岡県立浜松湖東高校を卒業されています。

静岡県立浜松湖東高校の偏差値は50程度だそうです。(2021年3月時点の『みんなの高校情報』参照)

高校では、物理科学部に所属していたという水谷果穂。

中学時代は高身長を生かしたバレーボール部だったので、意外な路線変更ですが、部活動の説明会の時に、べっこう飴を作るパフォーマンスをした物理科学部に惹かれたのだそうです。

高校では物理科学部。
外で体を動かすことが好きだった水谷さんが理系の部活に入ったきっかけは、部活の説明会のような時にべっこう飴を作っていて、美味しそうだったから(笑)

そんな相変わらず普通の感覚を忘れていない水谷果穂ですが、高校生の頃にはすでに芸能活動を始めていました。

しかし、東京の高校に転校ということは考えておらず、浜松の高校に通いながら、芸能活動を送っていました。

東京までは、新幹線で片道1時間半かかっていたそうなので、仕事と学業は半々くらいの比率だったようです。

そんな頑張り屋さんの水谷果穂でしたが、レッスンの前は必ずお腹が痛くなり、事務所の近くのトイレに寄っていたのだそうです。

そういうプレッシャーも乗り越えて、今の水谷果穂の活躍があるのですね。

水谷果穂は大学には進学していないため最終学歴は高卒

水谷果穂は、大学には進学はされていないようで、最終学歴は、高卒となります。

水谷果穂は、中学3年生で芸能界デビューを果たしています。

高校時代にはすでに芸能の仕事を本格的にスタートさせており、CMやテレビドラマに出演されていました。

出身が浜松と、東京からは遠方であるということもあり、大学進学のための勉強時間を十分にとることができなかったのでしょう。

また、高校卒業後は上京しており、環境の大きな変化もあったと思いますから、大学に通う余裕を持てなかったのではないかと思われます。

水谷果穂の出身高校の偏差値は50を超えていますので、大学に進学しなかったことはちょっぴりもったいなかったようにも思いますが、徐々に知名度を上げつつある水谷果穂の今の活躍を見ていると、その選択は間違っていなかったと思えます。

大学卒業後の水谷果穂の活躍の場は一気に増え、2017年には、主演短編映画の主題歌で歌手デビューをして、ワンマンライブを開催したり、2018年からは『Going!Sports&News』のお天気キャスターに就任したりと大忙しです。

水谷果穂は女優としてのイメージが強かったですが、かなりマルチに活動されていて、多彩なんだなぁという印象ですね。

現在、23歳の水谷果穂。

まだまだ伸びしろがあると思いますので、今後の活躍が楽しみですね。

まとめ

  • 水谷果穂は静岡県浜松市出身
  • 中学・高校とずっと浜松
  • 高校卒業後に上京している

コメント

タイトルとURLをコピーしました