山田裕貴がひき逃げ事故?伊藤健太郎と似てることで勘違いする人続出

俳優の山田裕貴が事故を起こしたという噂が出回っていますが、全くの事実無根です。

なぜこんな噂が出てしまったのかというと、どうやら山田裕貴のことを伊藤健太郎と勘違いしている人が多いからであるようです。

今回は、山田裕貴と伊藤健太郎がよく間違われてしまう理由について、調べていきたいと思います。

山田裕貴とひき逃げ事故の伊藤健太郎が似てると話題

テレビで山田裕貴を見るたびに、ツイッターにはひき逃げ事故を起こした伊藤健太郎と間違えるような投稿がよく見られるため、視聴者になかには山田裕貴と伊藤健太郎が似てる俳優という扱いの人が多いようです。

伊藤健太郎のひき逃げ事故に山田裕貴が巻き込まれていると思われる投稿をいくつか紹介しましょう。

ツイッターでは山田裕貴に対して事故の人?という投稿も

まずはこちらから。

若い俳優に疎いお母さん世代の人から見ると、伊藤健太郎と山田裕貴は似ているようですね。

大まかな顔のパーツや背格好が似ているのかもしれません。

このお母さんのように「違うよ?」と教えてくれる息子や娘がいれば、勘違いに気づくこともできるのでしょうが、教えてくれる人がいなければ勘違いしたまま、認識してしまうことになるのでしょう。

次はこちらですね。

過去の映像かと思えば、別人だったというパターンですね。

伊藤健太郎のことをこの事故をきっかけに知ったという人の中には、伊藤健太郎の顔をよく認識できていない人もいるのかもしれませんね。

伊藤健太郎も山田裕貴も、よくドラマを見ている人から見れば、十分に知名度の高い俳優なのですが、あまり俳優に詳しくない人にはまだ浸透していないようです。

特に山田裕貴は出演作品の多い名バイプレーヤーなのですが、主演作品はそれほど多くはないので、伊藤健太郎のそっくりさんという立ち位置で見ている人もいるのでしょう。

他にも、顔が似てて違いがわからないという人までいるんですよね・・・

二人の顔をよく知っている人から見れば、どこがそんなに似ているのか逆に不思議です。

山田裕貴と伊藤健太郎の似てる部分は背丈だけ?

二人ともさっぱりとした塩顔で、シャープなお顔立ちをしているとは思いますが、パーツのひとつひとつは間違えるほど、似ているとは思えないです。

ちなみに身長は、伊藤健太郎は179cm山田裕貴は178cmです。

背丈はほぼ同じですね。

山田裕貴も伊藤健太郎も共にイケメンの俳優ですから、顔が小さくて、スタイルは細見、足が長めです。

全体の等身のバランスとかは、似ていると思うので、遠目の姿形が同じような雰囲気なのかもしれません。

このようにツイッターの投稿を見ていると、山田裕貴の顔を見て、伊藤健太郎と間違え、ひき逃げ事故を起こした俳優だと思っている人がちょこちょこいるみたいですね。

この投稿者の人たちのように、間違えていることに自分で気づけたら良いのですが、間違えたままの人もたくさんいると思います。

間違えて認識している人が、山田裕貴を指して「この人、事故起こしたね。」と言い回ることにより、「山田裕貴も事故を起こしたのか。」と勘違いする人が増えてしまうのでしょう。

山田裕貴の立場としては、たまったもんじゃありませんが、この一件も知名度を上げるきっかけになったとポジティブにとらえてほしいですね。

山田裕貴とひき逃げ事故の伊藤健太郎は服のセンスまで似てる

2018年に都内で行われた映画「デメキン」DVDリリース記念イベントに伊藤健太郎と山田裕貴が出席したときのなのですが、この時の服装がまるでペアルックのように似ていると話題になりました。

お揃いで揃えたのかなと思いましたが、どうやら偶然の一致だった様子。

二人ともストラップのシャツなのですが、見たところ素材まで一緒ですよね。

伊藤健太郎ががオレンジとネイビーのストライプで、山田裕貴がモノトーンのストライプなのですが、お二人ともボトムは黒のパンツです。

山田は「たまったま!凄くないですか!?」と偶然だったことを明かし、驚きをあらわに。
健太郎も「今日、裕貴くんが先に入ってるのが見えて、“あれ、一緒だなこれ”って(笑)。素材まで一緒っていう」と続け、ファンの笑いを誘っていた。

ちなみにこの頃はまだ、伊藤健太郎は、健太郎という名義で名字無しで活動されていました。

ここから数年後…

このお二人のこんなほのぼのとしたエピソードが、山田裕貴が事故を起こした犯人に勘違いされるという、こんな形で再注目されるとは、誰が想像できたでしょう。

なんだか切なくなってしまいました。

山田裕貴とひき逃げ事故の伊藤健太郎が似てるのは芸能界公認?

伊藤健太郎は、事故を起こしたことで、多くの予定されていた仕事を降板することになったのですが、代役として山田裕貴が抜擢された作品もありました。

それはNHKで放送されている内村光良を中心としたコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』内でのドラマ作品でした。

『夜の連続テレビ小説 うっちゃん』というドラマであり、主人公は内村光良をモデルにした“うっちゃん”です。

“うっちゃん”を演じたのは中川大志だったのですが、南原清隆をモデルにした“なっちゃん”を演じる予定だったのが、当初は伊藤健太郎だったのです。

しかし、伊藤健太郎はひき逃げ事故を起こしてしまいましたので、代役を山田裕貴が務めることになりました。

伊藤健太郎は元々『LIFE!~人生に捧げるコント~』にレギュラー出演していたので、その流れでこのドラマ作品にも出演することになったのでしょうね。

山田裕貴としては、急な作品への参加となりましたが、山田裕貴の演技は素晴らしく見ごたえのある作品に仕上がったと絶賛されました。

必ずしも代役を務める俳優は、顔が似ていないといけないというわけではないと思いますが、なんとなくイメージが似た俳優が起用されることは多いと思います。

ちなみに伊藤健太郎の代役は、『教場2』ではジャニーズWESTの重岡大毅が、舞台『両国花錦闘士』の代役は、ジャニーズJr.の原嘉孝が務めました。

また、2021年6月には波瑠主演の月9新ドラマ『ナイト・ドクター』がスタートするのですが、伊藤健太郎は本作にも出演予定でした。

本作には、田中圭や北村匠海の出演も発表されていますので、どちらかは伊藤健太郎の代役ではないかと噂されています。

年齢的なことを考えると、代役だとすればおそらく北村匠海の方でしょうね。

こうやって、代役を列挙すると、いずれの俳優の方も伊藤健太郎のイメージから遠くはないように思います。

山田裕貴だけが特別に伊藤健太郎とそっくりというわけでもないように思えますが、よく知らない人から見れば、特に似ているのが山田裕貴なのかもしれません。

まとめ

  • 山田裕貴を事故の人と間違える人多数
  • 伊藤健太郎の代役を山田裕貴が担当している

コメント

タイトルとURLをコピーしました