和田明日香の夫『和田率』の仕事は元電通で学歴や年齢は?お弁父が凄いと話題

今回は美しい料理研究家としてテレビでも活躍中で3人のお子さんの母でもある和田明日香の夫についてお伝えします。

夫の名前は和田率で年齢は40代のナイスミドルです。

電通にも勤めていたエリートですが、その後どんな仕事をされているのか、どんな学歴なのかを調べました。

またお弁父を世の中に流行らせた和田率ですがお弁父を始めたきっかけもお伝えします。

イケメンな和田率の画像も紹介しますよ。

和田明日香が結婚した夫『和田率』の年齢や画像はある?

和田明日香と言えば、長身で美人でどこかセレブ感のあるタレントにしてモデルさんですが、最近では食育インストラクターとして、また美容料理研究家としての活躍が顕著ですよね。

では、和田明日香の結婚した夫、和田率とはどんな方なのでしょう?

和田率は、1979年生まれで今年、2021年で41歳になる元エリートサラリーマンでした。
イケメンと言われていますが下の写真のとおりです。

一方の和田明日香の方は、1987年生まれですから、今年で34歳。

和田率は、和田明日香の7歳年上の夫になるのです。

ちなみに和田明日香の旧姓は、高橋でした。

当時、立教大学に通っていた高橋明日香は就職活動中で音楽専門チャンネルのMTV JAPANのインターンとして働いていました。

その仕事の関係で知り合ったのが、和田率でふたりはすぐに意気投合しました。

お腹に子どもができていたこともあって、和田明日香は学生結婚することになったのです。

下は2人の写真です。

和田明日香の夫『和田率』の仕事はremyクリエイティブディレクター

それでは、和田明日香の夫、和田率の現在の仕事は何なのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが和田率は、あのキッチンブランド「remy」のクリエイティブディレクターをしているのです。

母の平野レミが料理番組に出演し、ときに和田家の嫁である和田明日香がアシスタントとして共演し鮮やかに料理を作り上げて、その中で「remy」のキッチン用品をさりげなく宣伝するシーンはお決まりですよね。

和田率は「remy」を立ち上げたひとりでもあったのです。

クリエイティブディレクターとして、和田率はキッチン用品全般の分析、ゼロからの商品開発の企画、技術をする有する企業との提携、消費者への提案、宣伝など商品が生み出される過程における運用、統括指示の仕事をしているのです。

「remy」製でも大ヒット製品となったのが「レミパン」と呼ばれるようになったフライパンです。

「レミパン」が爆発的にヒットした理由とも言える優れた機能性をご紹介します。

  • 焼く・蒸す・揚げる・煮る・炒める・炊くの6役を1台でこなせる
  • 高密度のふっ素コーティングで傷つきにくい
  • 熱伝導にすぐれたアルミ構造で調理時間が節約できる
  • ふたを開けなくても差し水ができる

その後は「レミパンプラス」も開発されています。

この「レミパンプラス」では、フライパンの取手にキッチン用品を一時置きできる機能で特許や数々のデザイン賞を受賞したのです。

和田明日香の旦那『和田率』は元電通のCMプランナー

「remy」のクリエイティブディレクターになる前の和田率は大手広告代理店の電通CMプランナーとして華々しい活躍をしていました。

手掛けたCMのオーナーは次のように世界的に日本を代表企業ばかりでした。

  • ホンダ
  • キャノン
  • コカ・コーラ
  • 日本マクドナルド

これ以外にも様々な有名企業を手掛けています。

仕事は充実していて深夜になるまで仕事に打ち込んだ日々もあったようですね。

しかし、和田率は2013年に電通を退職すると34歳にして制作会社ニーシーズに執行役員として迎えられることになったのです。

ニーシーズは規模は大きくはないものの少数精鋭のアーティストグループで、メンバーには霧島ローランドなどもいますね。

仕事に専念していた和田率ですが、次女の誕生に伴って多くの時間を娘と過ごしたいという気持ちになっていったようです。

下の写真は、和田明日香と和田率、そして娘さんです。

また、子どもを育てる中で食育や食事の大切も認識するようになっていきました。

そんな中で立ち上げた会社がキッチン用品のブランド「remy」だったのです。

和田明日香の旦那『和田率』の学歴も凄かった

和田明日香が小中高を通して立教女学院で学び、大学も立教大学の社会学部に進学してミス立教に選ばれたことは公表されていますが、旦那、和田率の学歴も実は凄くて、慶應義塾大学卒業です。

しかし、和田率が小中高をどこの学校へ行っていたのかは公表されていません。

ネット上では和田率も小中高とも慶応ではないかと予想されていますが、その可能性は結構高そうです。

ヒントは、和田率が高校時代、アイスホッケーをしていたという点です。

東京の私立高校でもどこでもアイスホッケー部があるわけではありません。

部を持っている代表的な高校と言えばやはり「慶応高校」「学習院高校」になるのではないでしょうか?

「東京都市大学付属高校」にも強いアイスホッケー部がありますが実際はどうなのでしょう?

ただ、和田明日香の旦那である和田率の最終学歴が慶應義塾大学ということを考えると、慶応高校の可能性は高そうです。

和田率のお弁父が話題で書籍化

和田率と言えば、自分のこどもにお弁当を作ってInstagramにアップしていることでもよく知られています。

お父さんが作る「お弁当」だから「お弁父」という言葉も生まれているくらいです。

下が出版された本です。

和田率は、あるインタビューでお弁当を作り始めたきっかけを次のように語っています。

子どもが3人いるので、夫婦でできるだけ分担しています。
2017年に長女が小学1年生になる時、お弁当問題が勃発。
妻は朝に弱く僕はサーフィンが趣味で朝は強い。
なので、無謀にも、お弁当担当を買って出ました。

3~4年前に始めたとは思えないほど上手にできている和田率のお弁当をいくつか見ていきましょう。

下は、三食弁当でしょうか?三種の食材がダイナミックで食欲わきますよね。

下はヒレカツ弁当ですが、食べるぞモードに入る弁当ですね。

下は、肉と野菜のコンビネーションプレートでしょうか?こじんまりとしていなくてすべての食材が力強く新鮮ですよね。

平野レミを初め、和田の家系は本当に全員料理が上手ですね。

まとめ

  • 和田明日香の夫和田率の仕事はremyのクリエイティブディレクター
  • 和田率は電通出身の有名な制作会社に執行役員として招かれている
  • 和田明日香の夫和田率は学歴も立派で慶応大卒

コメント

タイトルとURLをコピーしました