【大家族】青木家長女あざみの現在は?父親と母親の金にまみれた闇とは

数ある大家族シリーズの中でも、特に問題家族とされているのが青木家です。

10代で3人の子供を出産し、母親との確執や、父親との闇を暴露するなど、話題性の高さからスポットライトを浴びていたのが長女あざみです。

自叙伝を発売するなど一躍時の人となりましたが、現在はテレビや週刊誌などにも一切姿を見せていません。

この記事では、青木家長女あざみの現在や、父親と母親の金にまみれた闇についてご紹介します。

【大家族】青木家長女あざみが父親との闇を暴露後の現在とは

大家族から失踪したフィリピン人の母親の代わりとなり、健気に家事や6人の兄弟達の世話をしていた青木家の長女あざみですが、2009年7月に結婚後、週刊誌で父親との闇を暴露し、世間に大きな衝撃を与えました。

ここでは、長女あざみの暴露内容や暴露した理由、暴露後の現在についてご紹介します。

青木家の長女あざみと父親の闇の深い関係とは

2009年9月に、青木家の長女あざみが『女性セブン』で、父親に関する深い闇を暴露しているのですが、その暴露内容が衝撃すぎて大きな波紋を呼びました。

長女あざみは、父親が再婚した19歳年下のフィリピン人女性の連れ子で、血のつながりはありませんが、母親が失踪してから父親に2日に1回のペースで性的虐待を受けていたという内容でした。

「母親が家を出てってからすぐだった気がする。中1の秋ごろかな。いつものように同じ部屋に親父ときょうだいと寝てたんです。そしたら親父が突然のしかかってきた。

何がなんだかわからなかった。小学6年生のときにボーイフレンドと体験はあったんだけど・・・。

やっぱり男の力には勝てないじゃないですか。だから無理だなって、あきらめました。」

次の朝には、家族みんなが食卓で集まるわけですが、どういう態度で接してくるのか気になりますよね。

実は父親は普段と変わらない態度で接してきたらしく、長女の青木あざみは、それが逆に怖かったと語っています。

「かわらない態度も怖かったです。それからは、ほぼ1日おきでした。自分が家にいるときはずっと続いていた。抵抗しても無理だとわかっていたから・・・」

もちろん長女あざみが暴露した話が真実だった可能性もあります。

長女あざみが出産した赤ちゃんの顔が、血が繋がっていない父親にそっくりなので、あざみが父親から性的虐待を受けていたのは間違いないとの声も多く上がっています。

しかし一部で声があがっているように、あざみが金目当てで、嘘の暴露をした可能性もあります。

長女あざみが父親との闇を暴露したのは母親の影響?

長女あざみが、嘘の暴露をした理由として噂されているのが、失踪した母親による金の無心です。

ここから先は、個人的な想像になりますが、もしも長女あざみが父親を本当に憎んでいたのだとしたら、週刊誌に売るのではなく、警察に訴える方法を選んでいたのではないかと思うんですよね。

長女あざみは、大家族での生活をつづった自叙伝を2冊出版しています。

本の印税で5,000万円くらい手に入れたものの、母親に取られてすでに手元にはほとんど残っていないとも言われています。

それでも母親の金の無心は続いたそうで、どうしてもお金が必要で父親の情報を週刊誌に売ったのではないかと噂されています。

母親があざみの暴露に関与していたかについての真相は不明ですが、子供達を残して失踪していますので、あざみの母親が、世間から悪い印象を持たれてしまうのは、仕方のないことなのかなとも思います。

長女あざみの旦那が逮捕されて現在音信不通

青木家の長女あざみは、大家族の番組の中で、16歳と17歳の時に出産し、視聴者を驚かせました。

その後、実は中学2年生だった14歳の時にも出産していたことが判明し、さらに世間を驚かせることになりました。

波乱万丈の人生を送っていたあざみは、2009年7月に交際3ヶ月で結婚していますが、幸せは長く続きませんでした。

なんと結婚してから2ヶ月後に、旦那が死亡ひき逃げ事件を起こしてしまったのです。

飲酒運転だったから逃げた、なんて噂も飛び交っており、事故当時、長女あざみ自身もブログでなぜ逃げたのかと悲しみの声を投稿しています。

「なンで逃げたの?あのまま救急車呼ンでればこンな事にならなかったのに…」
「あざみも知ってたみたいな事言ってる人いるけど、最後の最後まであざみは何も知らなかった…」

あざみの旦那が逮捕された時期が、父親の闇を週刊誌に暴露した時期と重なっているため、暴露理由は生活費に困っていたから?との噂もあります。

長女あざみの気になる現在については、父親が2015年冬に『文春』のインタビューで次のように語っています。

父親によると、旦那が逮捕されてから半年くらいは、あざみは青木家を行き来していたが、その後音信不通になったとのことです。

2015年冬に父親が文春で語った時点では、長女あざみが最初に産んだ子供は施設で暮らし、2番目と3番目は父親と一緒に暮らしていました。

あざみもまた、母親と同じように子供を残して失踪してしまったようですね…

【大家族】青木家は全てやらせだった?闇の深い噂とは

貧しいながらも、健気に力を合わせる大家族青木家の姿に、多くの視聴者が感動し、青木家は人気の番組となりました。

長女あざみが16歳で出産した時に世間の見る目が少し変わったように感じましたが、それでもやはり長女あざみに声援を送る視聴者は多かったです。

大家族青木家に対する世間の見方がガラリと変わったのは、長女あざみが、週刊誌で真相が分からない父親の闇を暴露をした頃からです。

その後、父親のインタビューでの発言から、長女あざみが子供を残して音信不通の状態であることも判明しました。

応援する気持ちで、番組を見ていた視聴者が、テレビで見せていた大家族の姿は、全てやらせだったのではないかと疑心暗鬼になってしまうのは仕方のないことでしょう。

現在までに青木家のここがやらせだったと判明していることがいくつかありますので、ご紹介しますね。

青木家のあざみは実は長女ではなく次女だった

あざみは、番組の中で長女として紹介されていましたが、実は青木家の父親と元妻の間には子供がいました。

つまり、あざみは長女ではなく次女です。

番組への出演が全くなかったため、元妻が親権を持ち育てていた可能性があります。

番組としては、紛らわしいため、あざみを長女としたのかもしれませんが、家族構成を偽っていた点においてはやらせと言えるでしょう。

青木家の母親が実は近くに住んでいた

長女あざみは、失踪した母親とは絶縁状態にあると番組内で紹介されていました。

しかしネットに、あざみの母親は近くに住んでいて、あざみと母親はいつも一緒にいるとの書き込みが投稿されています。

ネットの書き込みが本当ならば、番組を盛り上げるためのやらせ演出だったと言えます。

さらには、あざみの父親の闇暴露は、母親だけでなく父親もたくらんでの金目当てだった、なんて疑惑も浮かんでしまいますよね。

番組では父親の仕事が偽って紹介されていた

番組では、父親は建設関係の仕事をしていると紹介されていましたが、週刊誌が父親が右翼活動をしていることを報じています。

『激闘大家族』(TBS系)に登場した青木家については、週刊誌が「父親が右翼活動を行っている」などと報道。

その後、青木家の近隣住民を名乗る人物がネットに父親が右翼であることを暴露し、あざみもそれを認めています。

それに便乗するように、近隣住民がネットで「本当の青木家」を暴露する事態に至った。

実は同じ大家族シリーズで人気の渡津家でも、子供がやらせを暴露して話題になりましたよね。

まとめ

  • 青木家の長女あざみが父親の闇を暴露
  • 長女あざみの現在は子ども放置で音信不通
  • 大家族青木家はやらせが多かった

コメント

タイトルとURLをコピーしました