新田真剣佑の母親は玉美で年齢や画像は公表されてる?

新田真剣佑の母親は玉美という名前で、年齢は現在54歳くらいです。

母親の玉美さんは、2010年の結婚14年目に披露宴を行っていますが、その時の画像が公開されており、素顔が確認できます。

玉美さんと千葉真一は2015年に離婚し、現在、新田真剣佑と母親は絶縁状態になっているそうです。

今回は、そんな新田真剣佑と母親、玉美さんとの関係をご紹介します。

新田真剣佑の母親は玉美という元舞妓の一般女性で年齢は?

俳優の新田真剣佑は、同じく俳優の千葉真一の息子であることは知られていますが、母親が元舞妓だったことはあまり知られていないようです。

母親のことがあまり知られていない理由は、その女性が一般の人だからということもあるでしょう。

新田真剣佑の母親の名前と年齢について

新田真剣佑の父親である千葉真一が撮影のために京都に行った際、当時舞妓をしていた女性と出会いました。

千葉真一は当時、仕事で京都に行くことも多かったとオフィシャルブログにも書かれていましたから、京都で知り合ったのは間違いないでしょう。

昨夜は、私の人生を、色々とご意見を頂く、私にとって大切な方々との、意見交換会議デナーでした。私が京都に長く住んでいた事も有って、京都からも、わざわざ参加して、下さり、頭の下がる思いです。

女性の名前は玉美さんといい、ネットの情報では舞妓時代は『きみすず』という名前だったともいわれています。

千葉真一と玉美さんの2人が結婚した時、玉美さんは29歳で千葉真一は57歳でしたから28歳の年齢差ということになります。

ですから玉美さんは、現在(2021年)54歳だということが分かります。

新田真剣佑の母親は野際陽子ではない

千葉真一の最初の奥さんは女優の野際陽子ですが、1994年2月に離婚しています。

新田真剣佑は1996年11月1日生まれの現在24歳ですから、彼が生まれた時には2人はすでに離婚していました。

ですから、野際陽子は新田真剣佑の母親ではないことが分かります。

新田真剣佑の父親である千葉真一は、野際陽子と離婚後の1996年に、新田真剣佑の母親である玉美さんと再婚しています。

しかし、2015年に2人は離婚して19年の結婚生活を終えました。

新田真剣佑の母親の玉美は顔画像が公表されてる?

新田真剣佑の母親である玉美さんの顔画像は公開されているのでしょうか。

千葉真一と玉美さんは結婚式を挙げておらず、結婚して14年後の2010年10月22日にあらためて披露宴を行っています

この年は千葉真一の芸能生活50周年でもあり、披露宴も兼ねて行われたようです。

この時のツーショット写真が公開されています。

玉美さんはパッチリした大きな目が印象的な美人です。

下の画像は、千葉真一と玉美さんが結婚生活を始めた頃の写真で、2人の間にいるのが新田真剣佑です。

画像はぼやけていますが、それでも目鼻立ちが整っているがよく分かります。

新田真剣佑と母親の玉美は現在は絶縁状態

新田真剣佑と玉美さんの関係ですが、現在は関係を断っているといわれていますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか?

2人の絶縁のきっかけになったのは、なんと新田真剣佑の隠し子報道があったことからといわれています。

まずは簡単に新田真剣佑の隠し子報道をおさらいしてみましょう。

新田真剣佑の隠し子騒動で父親の千葉真一が大激怒

新田真剣佑は現在24歳ですが、彼に隠し子がいたという情報が流れたのは、2017年7月で彼がまだ19歳の頃ですから、隠し子がいること自体驚かされます。

さらに驚くべきことは、隠し子はその時すでに5歳だったと週刊誌は報じました。

つまり、彼が14歳の時に出来た子供だということになります。

週刊誌の報道では、両親が友達付き合いしていたロスに住む日本人夫婦の奥さんと深い仲になり、その子供が14歳のときに出来たのだそうです。

ある情報によると、新田真剣佑と深い仲になった日本人女性は当時37歳で、誕生したのは女の子だということです。

この事実を知った父親の千葉真一は、2013年10月に一方的に誘惑したとし、女性を提訴していますが、新田真剣佑がその事実を否定したことで裁判が中止となり12月に訴えを棄却したといわれています。

保護者としてこれに激怒した父・千葉は、相手の女性に対し、未成年に対するわいせつ行為だとして、2013年10月に裁判を起こした。しかし、新田が裁判の証言でこの内容を否定したらしく、この件は棄却されたと報道された。

これは相手の奥さんをかばうためだったのか?

自分の芸能生活のために事実をなかったことにしたかったのか?

その両方だったのかは不明ですが、隠し子がいること自体が事実というのはほぼ間違いないでしょう。

新田真剣佑の隠し子騒動をリークしたのは母親の玉美?

簡単に新田真剣佑の隠し子騒動を紹介しましたが、実はこの情報を漏らしたのが母親の玉美さんではないかと噂されています。

千葉真一と玉美さんが離婚したのは2015年ですが、2012年10月の女性自身の情報によると、2人はすでに別居していることが伝えられていました。

その時、玉美さんは次男を京都の実家に連れて帰っていますが、長男である高校生の真剣佑をロサンゼルスに残したままでした。

離婚後の新田真剣佑の親権は父親が、弟の眞栄田郷敦の親権は母親が持つこととなったのも絶縁状態であることと関連しているのかもしれません。

それにしても、新田真剣佑に隠し子がいたことをリークした人物が誰なのかということです。

この事実を知っている人はごく一部の人だったわけですし、離婚後の親権や別居の際の行動などから、まず母親の玉美さんが疑われたというわけですね。

実はもう1人、新田真剣佑の隠し子騒動をリークしたのではないかと噂される人物がいます。

それは、真瀬樹里です。

千葉真一の最初の妻である野際陽子との間に生まれた真瀬樹里は、真剣佑の異母姉弟になりますが、その真瀬樹里が情報をリークしたのでは?という週刊誌の予想もあります。

真瀬樹里は下の写真の真ん中の女性です。

真瀬樹里は現在でも女優として芸能活動をしていますが、千葉真一は、母親と自分を捨てて異母姉弟の新田真剣佑ばかりえこひいきしているという思いがあったのかもしれません。

ただ、これも憶測であり本当のところは分かっていません。

新田真剣佑と母親の玉美は現在は疎遠となっている

新田真剣佑の子供が生まれたのが2011年とされていますから、その事を当然母親の玉美さんも知っていたはずです。

2017年に隠し子騒動が起きたのは、玉美さんがリークしたのだとしたら、新人として芸能界の活動を始めたばかりの真剣佑にとっては、母親から裏切られたという気持ちになったのではないでしょうか?

一方、父親の千葉真一は息子の芸能活動を応援している立場ですから、情報を漏らすことはありえません。

しかし、母親が情報を漏らしたというのが真剣佑の思い違いだとしたら、親子の確執が起きてもしかたないのかもしれません。

そして、2人の絶縁と両親の離婚は関連があるのではないかとみられています。

まとめ

  • 新田真剣佑の母親は元舞妓の玉美さん
  • 新田真剣佑には隠し子がいる
  • 新田真剣佑は母親と絶縁状態である
  • 隠し子の情報をリークしたのは母親と噂されている

コメント

タイトルとURLをコピーしました