仲里依紗が現在の車をランボルギーニウルスにシボレーから買い替えて値段がヤバい

ファッションセンスが個性的な仲里依紗と中尾明慶は、夫婦共に大の車好きで、乗っている車にも強いこだわりがあります。

仲里依紗はド派手な黄色の高級外車シボレー・カマロから現在はランボルギーニ・ウルスに、アメカジ好きの中尾明慶はベンツからアメ車に買い替えたと噂されています。

この記事では、仲里依紗と中尾明慶所有の車の情報を気になる値段も含めてご紹介します。

仲里依紗の現在の愛車がランボルギーニウルスで値段がヤバい

車のCMに出演したり、ドラマで高級外車を運転するなど車のイメージが強い仲里依紗ですが、プライベートでも車が大好きです。

しかも乗っている車が凄いんです!

仲里依紗は30歳の時に車を買い替えているのですが、その車が仲里依紗のYouTubeチャンネル『仲里依紗です。』に度々登場しています。

現在までに車の外観は映されておらず内装のみですが、『ランボルギーニ・ウルス』であると特定されています。

車好きから見ると次のような特徴からランボルギーニだと分かるそうです。

  • ウインカー音
  • 排気音
  • ヘッドレスト形状

仲里依紗は現在SUVに乗っていると語っているため、ランボルギーニが初めて売り出したSUVであるウルスでほぼ確定だと言えるでしょう。

ランボルギーニのウルスとはどのような車なのか簡単にご紹介しますね。

ウルスはランボルギーニ初のSUVとして2017年にイタリアで販売され、その後2018年2月に日本で正式に発表された車です。

世界最速のSUVとの異名を持つ車で、650馬力の最高速305キロとされているスポーツカーです。

あらためて動画を見ると、仲里依紗が普通の乗用車を運転している感覚で、ウルスを運転しているのが凄いなと感じました。

イタリアの高級スポーツカーメーカーのランボルギーニとあり、気になるのがやはりその値段ではないでしょうか?

2018年モデルのウルスは、店から新車で購入すると2,600万~3,000万円もする超高級車です。

家一軒が建ってしまう値段ですね。

維持費も高額になりますし、仲里依紗と中尾明慶夫婦の年収はやはりものすごく高いんだろうなと思わずにはいられません。

仲里依紗が買い替える前に乗ってた愛車はシボレー・カマロ

仲里依紗が買い替える前に乗っていた愛車もすごいです!

仲里依紗は自身のYouTubeで、9年か10年くらい乗っていたとし、愛車のシボレー・カマロを紹介しています。

仲里依紗がトランスフォーマーが大好きでバンブルビーみたいと語っていたのを聞いてから、カマロがバンブルビーに見えるようになってしまいました(笑)

確かに強そうで守ってくれそうです。

シボレー・カマロは、とにかくド派手な黄色の左ハンドル車で、車道を走っていたら大注目されること間違いありません。

なんと仲里依紗は免許取り立ての21歳の時に、このシボレー・カマロを購入したとのこと。

免許取り立てでシボレー・カマロを選ぶところに、仲里依紗の性格を垣間見たような気がしました。

シボレー・カマロは仲里依紗が21歳の時に父親が見つけてきて、新古車で購入したそうです。

仲里依紗の父親はスウェーデン人で、長崎でアメカジ系のショップを経営しています。

仲里依紗のスポーツカー好きは、父親譲りのようですね。

シボレー・カマロの値段をランボルギーニ・ウルスと比較すると安いとはいえ、新車だと550万円以上の値段がついている高級車です。

21歳の時に500万円以上もするシボレーのカマロに乗っていたというのはすごいですよね!

ちなみに、ドライブ動画のYouTubeに出演した仲里依紗の妹ですが、先日顔出しを行って話題になりましたね。

仲里依紗の旦那中尾明慶もベンツから高級アメ車に買い替え?

仲里依紗の旦那の中尾明慶も大の車好きで、なんと2017年には本格的なレースにドライバーとしてデビューも果たすほどです。

自身のYouTubeチャンネル『中尾明慶のきつねさーん』で車に関する動画も投稿しているのですが、アメ車愛が止まりません。

中尾明慶は、車の中でもアメ車が特に大好きで、アメ車を何台も乗り換えてきたことを明かしています。

中尾明慶がこれまでに所有していたアメ車の中で、車種が特定されているものをご紹介しますね。

  • キャデラック CTS:ゼネラルモーターズの高級ブランドに位置づけられているスポーツセダン
  • ダッジ チャレンジャー:1970代に販売されていたビンテージカーで中尾明慶はこのアメ車でレースにも出場
  • ダッジ ラムバン:フルサイズのバンタイプのアメ車

2020年に投稿した動画は、憧れのビンテージカーを中尾明慶が店に出向いて、購入しにいくという内容でした。

この時、中尾明慶が購入したのは、1971製のプリムス クーダ440 Six Packで、値段は5,000万円程度とされています。

中尾明慶は、仲里依紗に後悔しないようと後押しされて、このアメ車を購入する決断をしています。

ところで、中尾明慶が車を運転してアメ車を見に行く様子も撮られていたのですが、内装から中尾明慶が所持しているのは『メルセデスベンツ・Gクラス ゲレンデヴァーゲン』ではないかと噂されています。

ゲレンデヴァーゲンは軍用車をベースに民生化された4WD車で、中尾明慶が好きそうな外観や内装だと感じました。

メルセデスベンツとあり値段も非常に高く、たとえばGクラス ゲレンデヴァーゲンの2018年モデルを新車で購入したとすると1,700万円程度もします。

中尾明慶は動画内で、アメ車枠が空いていると発言しているため、買い替えたのではなく、買い足したと表現した方が適切かもしれません。

夫婦揃って大の車好きで、しかも超高級車を所有、おそるべし経済力です!

仲里依紗と中尾明慶は2020年に理想の有名人夫婦第1位に選ばれていますが、趣味や価値観が似ていることも夫婦円満の理由の1つだと感じました。

家の内装の趣味なんかも特徴が凄い出ていますからね。

まとめ

  • 仲里依紗の車はランボルギーニウルスの可能性が高い
  • 仲里依紗は21歳からシボレー・カマロに乗っている
  • 中尾明慶もベンツと高級アメ車に乗っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました