横田真悠の大学や高校はどこ?身長と体重がスーパーモデル級

ファッションモデルで女優の横田真悠は、インスタグラムなどから東京都の日出高校を卒業していることが分かっていますが、その後大学へは進学しているのでしょうか?

また横田真悠の身長や体重、また卒業した中学校名なども気になります。

今回は、横田真悠の大学や高校を紹介しつつ、スーパーモデル級の身長と体重をご紹介します。

横田真悠は大学には進学せず高校卒業後は芸能活動に専念

女優でありファッションモデルの横田真悠は現在21歳ですが、横田真悠が卒業した高校はどこなのか、また大学のほうは進学しているのかをご紹介していきます。

横田真悠は日出高校(現目黒日本大学高等学校)卒業

横田真悠が卒業した高校は東京都の日出高校だということが分かっています。

横田真悠が日出高校を卒業していることは、自身が公表しているわけではありませんが、ネット上の情報などから特定されているようです。

例えば、横田真悠が高校を卒業する際にインスタグラムにそのことを投稿していますが、画像をぼかしているものの、日出高校の制服と卒業証書であることが分かりました。

東京都の日出高校といえば、1学年から混合してクラスを編成する中高一貫の学校で、芸能コースがあり、在学している生徒や卒業生には多くの芸能人がいることで有名です。

横田真悠がどのコースかは分かっていませんが、芸能コースだと予想できます。

日出高校の偏差値は50近くで特別学業に専念するような学校ではなく、横田真悠のように勉強と仕事を両立させるには理想的な学校だといえるでしょう。

ただ、横田真悠はそれでも勉強と仕事の両立が難しかったと話していました。

日出高校は旧名で、現在は目黒日本大学高等学校といい、学校法人目黒日本大学学園が運営する学校法人日本大学の准付属校です。

横田真悠は日出高校時代に『Seventeen』の専属モデルをしていましたが、同じファッション雑誌の専属モデルには永野芽郁、大友花恋、飯豊まりえなどがいます。

横田真悠は、高校1年生のときに情報番組『めざましテレビ』にイマドキガールとして出演していましたし、2年生になるとNHKの教育番組『すイエんサー』に出演していました。

また、『東京ガールズコレクション』や『ガールズアワーズ』などのランウエイも高校時代に経験していますが、このランウエイに出演した経験は、高校時代の印象的な出来事だったようです。

高校時代はさすがに部活動はやっていなかったそうですが、前からの夢だった『制服ディズニー』を友だちと実現したこともよい経験だったと話しています。

横田真悠は食べただけ太るといった体質ということもあり、スタイルを維持するのに苦労したと語っていますが、高校生活とモデルの仕事の両立はかなり大変だったようです。

高校時代の芸能活動はファッションモデルのみでしたが、横田真悠は高校を卒業すると活動の場を広げ、テレビドラマ『3年A組』に出演し、女優デビューを果たすことになります。

横田真悠は3年前に日出高校を卒業していますが、その後は大学に進学せずに芸能活動のみに力をいれています。

横田真悠は現在本格的に女優として活動を開始していますから、芸能活動に専念するために大学へは進学しなかったようです。

横田真悠は東調布中学校出身

横田真悠が卒業した中学校ですが、中学校は東京都大田区立東調布中学校に通っていたというのが有力な情報です。

中学時代は3年間ソフトボール部に所属し、部活動に取り組んでいました。

当時のことを振り返って、横田真悠は「中学時代は3年間ソフトボール部でした。スライディングばかりしていたので、いつも足をすりむいていました」と話し、ポジションはセンターを任されていたそうです。

しかし、かなりユルイ雰囲気だったようで、髪の毛もロングで、オシャレな感じのメンバーが多かったそうです。

―ソフト部って厳しい印象があるんですが、やっぱり髪もベリーショートだったんでしょうか?

横田 いえ、長かったです。うちのソフト部はロングもOKだったんですよ。で、部活が終わったらみんなかわいい服に着替えて、いい匂いをつけて帰ったりしてました。

―チャラい!(笑)

横田 なんか、ソフト部にオシャレっぽいコが集まってたんですよ(笑)。先輩ともめっちゃ仲良くて、友達みたいでした。大会に出た時に周りの学校を見て「なんか、うちらだけおかしいね」ってみんなで話してましたね。

横田真悠の身長と体重がスーパーモデル

横田真悠は1999年6月30日生まれ、東京都出身の21歳です。

所属事務所はエイジアクロスで現在は『non-no』の専属モデルですが、『Seventeen』の元専属モデルでした。

血液型はO型、身長は168cmとモデルとして理想的な身長です。

身長は公表されているものの、詳しい体重までは公表されていませんが、168cmの身長で体重は40キロ台前半だそうです。

一般の女性だとちょっと痩せすぎでは?と思ってしまいますが、横田真悠はモデルですから、むしろ理想的なスーパーモデル級の身長と体重だといえるでしょう。

もちろん外国の本格的なモデルの身長は180cm前後であり、体重は50キロ台ですから、そんな彼女達からしたらかなり小柄な部類にはなりますが、日本のファッション誌でのモデルですから168cmでも充分だし、その身長で40キロ台前半というのは一般の女性からしら、横田真悠はあこがれの体型だといえるのではないでしょうか?

横田真悠は『ミスセブンティーン2014』でグランプリに選ばれて芸能界に入りました。このとき、横田真悠と同じようにグランプリに選ばれたのは、川津明日香と樫本琳花でした。

横田真悠は藤田ニコルに顔が似ているとよく言われるそうですが、並んだ2人の写真を見るとほんとに良く似ています。

最初のオーディションのきっかけは、ソフトボールの部活の遠征帰りで声をかけられて、初めて『Seventeen』のオーディションを受けたのですが、その時は最終審査まで登っていますが落ちてしまいました。

しかし、再度オーディションを受けることを決意したといいます。

横田真悠は小学生の頃から、ティーン向けのファッション誌『nicola』を読んでいたそうで、その当時は古畑星夏が可愛いなと思って読んでいたといいます。

横田真悠は当時から身長が高かったものの、ファッション誌『nicola』を読んでいたのはファッションモデルになりたかったわけではなく、芸能界には興味がなかったとインタビューで答えています。

当時から横田真悠はスポーツが好きで、ダンスを習っていたそうです。

中学時代はソフトボールを3年間やっていたことからも、体を動かすことが好きだったことが分かります。

まとめ

  • 女優の横田真悠は日出高校を卒業している
  • 横田真悠は大学へは進学せず芸能活動に専念している
  • 横田真悠の身長は168cmで体重は40キロ台前半

コメント

タイトルとURLをコピーしました