森七菜が大分高校時代の友人と卒業後に高校サッカーで感動的な再会を果たす

森七菜は自身のインスタグラムで、大分私立大分高校を卒業していることが分かっています。

大分高校の偏差値は43~64と科によって違いがありますが、森七菜は何科に在籍していたのでしょうか?

また、森七菜の高校時代は全国高校サッカーの応援マネージャーに就任していますが、その裏にはどんな感動的なストーリーがあったのかなどを紹介します。

森七菜は大分高校時代からスーパースターだった

女優の森七菜は現在19歳ですが、2020年の3月に大分県の高校を卒業しています。

森七菜は大分県大分市の出身ですから、大分市の高校を卒業していると思われますが、どこの高校なのでしょうか?

森七菜の出身高校は自身のインスタグラムなどから、大分市にある私立大分高校」であることが分かっています。

大分高校は中高一貫の学校ですが、森七菜は中学は別の学校を卒業していて、その中学校は大分市立東陽中学校だといわれています。

森七菜は中学3年生の時にスカウトによって芸能界に入っていますから、高校在学中にすでに女優として活動していました。

ですから、在学中は東京と大分の往復で大変だったようです。

中学時代の森七菜の写真は別の記事に掲載しています。

森七菜の高校時代の3年間は、女優として活躍していたこともあって、学校の中でもスーパースター扱いされていました。

森七菜のインスタグラムにも、自身の可愛い制服姿を掲載していますが、デザインは森英恵のものだそうです。

テレビ番組では、大分高校の友人と写る集合写真も公開しています。

制服姿がとても可愛い森七菜です。

森七菜は女優と共に脚本にも興味があったらしく、脚本家の坂元裕二の大ファンだそうです。

そんなことから坂元裕二のトークショーやサイン会などにも足を運び、将来的には坂元裕二の作品に出演したいと思っていたようです。

そんな森七菜が高校1年生の時、文化祭で脚本の担当になったことがありましたが、文化祭の当日に仕事が入って、残念なことに欠席になってしまいました。

また、森七菜はドラマ「魁皇高校」の中でも卒業のシーンがありました。

このシーンでは大分高校のような制服ではなく、ブレザーでしたがこの制服姿の森七菜も板についていてとても素敵でした。

森七菜の公式インスタグラムで大分高校卒業を報告

森七菜の場合、本人のインスタグラムで「大分高校」を卒業していることを公表しています。

森七菜は「この度、大分高校を卒業しました。大分と東京を行き来しながらの生活はたくさんの方のお力があってのことでした。ありがとうございます」と感謝の言葉とともに卒業を報告しました。

インスタに掲載されていた写真はこちらです。

しかし、現在は残念ながら森七菜のインスタグラムは消されてしまっているんです。

最近、森七菜は事務所を移籍したのですが、おそらくその際に前事務所との取り決め的な部分で削除をしたのだと思われます。

この移籍騒動に森七菜の母親が関与していると噂されており、こちらは別の記事で詳しく解説しています。

森七菜が卒業した大分高校の偏差値は?

「大分高校」は、私立高校であり偏差値は幅広く、43~64だということです。

なぜ偏差値に大きな幅があるのかというと「大分高校」は普通科、商業科、自動車工業科に分かれていて、普通科の中でも色んなコースがあるため、それぞれの偏差値があるからです。

気になるのは森七菜が在籍していた科ですが、どこなのでしょうか?

まず自動車工業科ではないことは容易に想像できます。

残りの普通科か商業科なのですが、森七菜が卒業した科はどうやら商業科ではないかといわれています。

その理由は、森七菜と同じ大分高校に通っていた人が、SNSに森七菜が商業科に通っていたという内容の記事を投稿していたことから、商業科ではないかといわれるようになりました。

入学当時から芸能活動をしていた森七菜は、勉強への拘束があまりない商業科を選んだ可能性もあります。

しかし、そのことは本人が公表していることではありませんから、確証はありません。

大分高校の商業科の偏差値は43となっていますが、他の科の偏差値だと、自動車工業科が43、普通科選抜コースが64、普通科特進コースが57、普通科特進個性コースが49、普通科普通コースが44となっています。

ですから、もし、森七菜が商業科に在籍していたとしたら、比較的容易に入学していたといえるでしょう。

森七菜が高校サッカーで友人と再会したストーリーが感動的

大分高校は、もともとサッカーの強豪高校で、選手権大会に11回出場し、インターハイにも12回出場した実績があります。

森七菜は東京での芸能活動もありましたから、部活動がなかなかできないこともあり、部活には入っていなかったようです。

ただ、サッカー観戦が好きだった森七菜は、念願叶って全国高校サッカー選手権大会の第15回応援マネージャーに就任しています。

このサッカー選手権大会の応援マネージャーは、これまで新垣結衣、広瀬アリス、広瀬すず、永野芽郁、清原果耶といった豪華メンバーが務めていましたから、森七菜は以前からの夢が叶ったといえるでしょう。

森七菜が高校3年生の時、大分高校のサッカー部は3年連続の大分代表として全国大会に出場しました。

2019年に森七菜は、高校サッカーの応援マネージャーとして大会に参加しましたが、そこには森七菜と友人との約束がありました。

全国高校サッカーの応援マネージャーとして参加した森七菜は、同級生や後輩であるサッカー部の部員やサッカー部のマネージャーである友人と再会するという感動的なシーンがありました。

また、サッカー部の監督は森七菜の担任でもありました。

森七菜は高校1年生の頃、友人であるサッカー部マネージャーの嶋津真衣さんと約束をしていました。

その約束とは、森七菜は全国大会に芸能界の高校サッカーの応援マネージャーとして出場し、友人はサッカー部のマネージャーとして出場することでした。

森七菜は、念願叶って全国高校サッカーの応援マネージャーに就任することになりました。

森七菜は、夢だった高校サッカーの応援マネージャーの就任が決まった時、家族たちとカラオケに行っていましたが、マネージャーからその話を聞いて、嬉しくてカラオケどころじゃなくなったと語っています。

長年の夢だった、全国高校サッカーの応援マネージャーに就任することになった森七菜は、友人との夢が叶ったことで嬉しさが隠しきれませんでした。

まとめ

  • 森七菜は2020年に大分私立大分高校を卒業している
  • 森七菜は全国高校サッカーの応援マネージャーを務めた
  • 森七菜は友人との再会の約束を果たした

コメント

タイトルとURLをコピーしました