マヂカルラブリー村上の本名は鈴木?高校や大学の昔を紹介!

マヂカルラブリー村上の本名は鈴木なのですが、なぜ芸名が村上なのか?昔は痩せていたというのは本当なのか?さらにマヂカルラブリー村上の高校や大学についても調べてみました。

また、マヂカルラブリー村上は、大学時代にお笑いサークルに所属していたようですが、どんなサークルだったのかなども紹介します。

マヂカルラブリー村上の本名は鈴木

2020年のM-1グランプリで優勝したマヂカルラブリーですが、ツッコミ担当の村上の本名がなぜ村上ではないのか、マヂカルラブリー村上がどうして芸名を村上にしたのかについて、紹介したいと思います。

なお、マヂカルラブリー村上の正式な芸名は、「村上飛車角抜きで斉藤」だそうですが、本人が語ったところによると、名乗ったところで滑るのが分かっているため、公表はしていないといいます。

それではまず、マヂカルラブリー村上のプロフィールから紹介します。

本名:鈴木崇裕(すずきたかひろ)
生年月日:1984年10月15日
出身:愛知県新城市
身長:181cm
体重:100kg
血液型:O型
趣味・特技:読書、狂言
好きな食べ物:ハンバーグ
嫌いな食べ物:しいたけ
担当:ツッコミ
所属:吉本興業(東京吉本)

マヂカルラブリー村上の本名がなぜ鈴木なのか?と不思議に思っている人も多いでしょう。

マヂカルラブリーが、今回のM-1グランプリでの優勝したことで、Twitterなどでも「一番の笑いどころは村上の本名が村上じゃないところ」「マヂカルラブリーのやばいところは野田クリスタルではなく相方の村上と名乗る鈴木だ」といった投稿が多かったようです。

そして村上の本名が鈴木であることに「なんか怖い」「謎だ」といったコメントが寄せられ、この不思議な芸名が注目されました。

マヂカルラブリー村上の芸名を村上とつけたのは、お気に入りの漫画が「東京大学物語」だったため、主人公の村上からとったのでは?と思われがちですが、実は「しずる村上」やフルーツポンチの村上が売れてかっこいい苗字だと思ったからというのが真実のようです。

マヂカルラブリー村上は、現在体重100kgの巨漢であり、特技は大酒を飲むこととありますが、「1晩でレモンサワーを12L飲んだことがある」といいます。

マヂカルラブリー村上は、毎日のように飲み歩いているそうですが、さらにギャンブル好きでもあります。

見た目には野田クリスタルの方がクレイジーで、村上の方が常識人のイメージがありますが、実は村上のほうが昔の芸人的な生活をしています。

マヂカルラブリー村上は、以外にも高校時代までは痩せていて、しかも男前だったためモテていて、他校の女性から告白されたこともありました。

芸歴としては、東京NSCの12期生と同期になりますが、野田クリスタルが東京NSC8期生だったことから同期扱いされることもあります。

しかし、村上を12期生扱いする芸人もいることから、村上の芸歴が曖昧になっています。

普段、舞台ではピンクのカーディガンを着ていて、以前はキャンディーなどのブローチを付けたりしていました。

また、マヂカルラブリー村上は体型などは山里亮太やガリガリガリクソンによく似ていますし、メガネを外した顔は渡辺徹に似ているため、コントにも使われたことがあります。

村上の父親は公務員であり、クイズ全般を得意としています。

現在、38,000円のルームシェア物件に住んでいて、18歳から住んでいる高円寺に強い愛着を持っています。

大学を卒業したあと、相方を探していたマヂカルラブリー村上は、カオポントの石橋に相談すると野田クリスタルを紹介されています。

そして、もともとマヂカルラブリー村上は野田クリスタルのファンだったといいます。

マヂカルラブリー村上は、大学生の頃に当時ピン芸人だった野田クリスタルを見て面白いと思い、学園祭にも呼んでいます。

その後、野田クリスタルが出演しているライブを客として見に行った時、出待ちしてそのままコンビを結成したという経緯があります。

野田クリスタルが学生時代に天才的な活躍をしていたことは、過去に記事で紹介しています。

マヂカルラブリー村上の昔とは?高校や大学を紹介

マヂカルラブリー村上は、愛知県立新城東高等学校を卒業後、法政大学に入学し同大学を卒業しています。

ちなみに法政大学の偏差値は、学部によって違うのですがいずれも60前後であり、マヂカルラブリー村上はもともと学力のある芸人だということが分かります。

マヂカルラブリー村上は、法政大学時代にお笑いサークルHOS5期生であり、HOS時代はお笑いコンビ「シーン」や、お笑いトリオ「コバヤシーン」を組んで活動していましたが、当時は今とは違ってボケ担当でした。

また、大学お笑いサークルの全国大会で、2005年と2006年で連覇を果たしています。

2020年のM-1グランプリでマヂカルラブリーが優勝したときには、母校のお笑いサークルであるHOSの公式Twitterで「おめでとうございます」と祝福のメッセージがありました。

HOSは、法政大学の市ヶ谷キャンパスを拠点としていますが、他の大学生も所属していて、1~2ヶ月に1度は学内でお笑いライブを開催しています。

また、半年に1度のペースで学外の劇場でお笑いライブを開催し、学生たちがネタを披露しています。

学園祭では、プロの芸人を招いてライブを開催し、4日間でトータル1000人近くの観客動員があります。

HOSのOBにはマヂカルラブリー村上の他に、「よふかしの会」の大重と砂川や、ピン芸人のTEAM近藤がいます。

マヂカルラブリー村上は、野田クリスタルとコンビを組む前は、サークル内でお笑いコンビを結成していましたが、その後はプロの芸人を目指すために相方を探していました。

そして、芸人として活動をしていた2007年に、野田クリスタルのライブで客として見に来ていたマヂカルラブリー村上は、野田クリスタルと意気投合し「マヂカルラブリー」を結成しました。

実は高校時代にも趣味で友人と漫才をしていたそうなのですが、その時の相方がインタビューに答えており、別の記事でまとめています。

まとめ

  • マヂカルラブリー村上の本名は鈴木崇裕
  • 村上の正式な芸名は「村上飛車角抜きで斎藤」
  • 村上は法政大学を卒業している
  • 村上は法政大学時代にお笑いサークルHOSに所属していた

コメント

タイトルとURLをコピーしました