ナジャ・グランディーバの素顔に迫る!お店は加東市で本名は?

Sponsored Link

最後の大物女装家として知られる関西の大物オネエが東京進出を果たすとフライデーが報じました。最近ではテレビの露出も増えたためか、ナジャ・グランディーバの働くお店や本名なども話題になってきています。

今回はそんなナジャ・グランディーバの素顔に迫ってみたいと思います。

ナジャ・グランディーバとは

ミッツ・マングローブやマツコ・デラックスとは15年位の付き合いということで、最後の大物女装家として知る人ぞ知る存在なのが、ナジャ・グランディーバです。

ナジャはアルバイトをしていたゲイバーで女装の虜となって以来、ドラッグ・クイーン(女装家)として活動を始め、今でも関西のオネエ界の名店でショーを披露し続けている、現役クイーンです。

近年、オネエは数字が取れるとテレビ業界でも評判が良いため空前のオネエブームが来ていることも相まって、関西ローカルの『ハピくるっ!』にコメンテーターとしてレギュラー出演をしています。

2014年3月21日発売のフライデーによると、今年から大手芸能プロダクションと契約したとありますが、おそらく太田プロだと思われます。

確証はありませんが、太田プロの所属タレントとして公式サイトで掲載されていたので、間違いはないと思います。
参照元:ナジャ・グランディーバ | 太田プロダクション

これにより、満を持しての東京進出と言えそうです。

3月21日現在、フジテレビで毎週火曜の夜から放送している『有吉弘行のダレトク!?』に準レギュラーとして出演中ですが、今後も露出が増えてくると思われます。

一昔前は、テレビに出ているタレントさんと言えば、お笑い・俳優・女優・アナウンサー・アイドル・歌手くらいしかいなくて、おすぎとピーコのようにタレントの中のひとつとしてオネエ(おかま)がいたって感じでしたが、最近では前述したお笑いとかアイドルのように、オネエって枠が出来てしまいましたからね。

ブームとかではなく、今後も継続的にオネエ枠として、ある一定の人員は確保されるのかもしれません。

ちなみに女装を「drag(ドラッグ)」というそうで、男性が女装をしてもてなす人のことをドラッグクイーンと呼ぶようなのですが(※他サイトではドラァグクイーンと表記されることがありますが、これも正しい表記です。)、実はこのドラッグクイーンというのは、全ての人が同性愛者というわけではないらしいのです。

単純に女装が好きで趣味の延長として女装家をしている人も多いようです。

ナジャ・グランディーバも実は単純に女装が好きで始めたタイプで、趣味がファッションコーディネートというくらい元々ファッション関係が大好きだったため、オシャレを追求した結果、最終的に女装にたどり着いたと語っています。

一部芸能系サイトでも、女装はあくまでパフォーマンスとしてやっていることで、本人は普通の男性で恋愛対象も女性であるとしていることから、ナジャ・グランディーバは女装家ではあるが同性愛者ではないと思われます。

しかし、2013年11月5日放送の『有吉弘行のダレトク!?』ではミッツ・マングローブと共に男性との夜の生活について熱く語っているため、一応現在は同性愛者という立ち位置で活動しているようです。

果たしてどちらが本当なのでしょうか。

テレビはやらせが普通に起きている場所ですので、視聴者受けを狙って『オネエキャラ』として同性愛者を装っている可能性は大いにありますので、なかなか真相を見極めるのは難しそうです。

ただ、ミッツやマツコとの交友関係は確かなようで、フライデーの取材に対してナジャが過去のエピソードを話していました。

【以下引用】
「ミッツ(・マングローブ)やマツコ(・デラックス)とはもう15年位の古い仲やね。色々あったわ。めっちゃ昔にマツコが自宅の湯船から抜け出せなくなって、ボディーシャンプーを全身にぶっかけてヌルって出たこととか。ミッツが北九州で引っかけた男の子に結構な値段がするサーフボードを買ってあげたら、次の日からその子に着信拒否されたりとか(笑)」
【引用元:フライデー】

このエピソードを聞く限りミッツは同性愛者だと思うので、その影響でナジャも目覚めたという可能性は考えられますね。

プロフィール

本名:非公開
年齢:非公開
誕生日:4月10日
出身地:非公開
血液型:非公開
身長:178cm
体重:95kg
好みのタイプ:坂口憲二・伊藤英明・ピエール瀧

すみません。非公開ばかりで何も分かりませんでした。笑

女装家として活動していることは、身内や家族にも話していないため、おそらく公表されることは無いのではと思われます。

しかしドラッグクイーンというのは職業柄、普段の素性を隠して活動している方が多いためか、ナジャのように有名でなくても名前や年齢は明かさない方がほとんどのようです。

ちなみにナジャ・グランディーバという芸名の由来ですが、ナジャはパリコレのモデルさんからもじったもので、グランディーバは歌手という意味のディーバに最上級を意味するグランドをくっつけた造語で、これを組み合わせてナジャ・グランディーバとなりました。

身長・体重は公表されているようですが、マツコもミッツもナジャも皆大柄な体格をしていますよね。

実は昔、マツコ・ミッツ・ナジャの3人でダイエットに挑戦したことがあったらしいのですが、やり方を間違えたのかかなりマッチョになってしまったそうです。

ミッツはスタイルが良いので成功したのかもしれませんが、マツコ・デラックスは・・・笑

余談ですが、ワイルド系でヒゲの濃い人が好きらしいです。

お店

ナジャ・グランディーバが働くお店は、兵庫県加東市とかいう噂もありますが、大阪梅田駅近くの『do with cafe』というお店です。

栗林もえさんという、おそらく同業のドラッグクイーンと思われる方のブログでナジャが登場しています。
参考記事:リンダ・エヴァンジェリスタとの遭遇|DO~~しても、オカマ。

『do with cafe』はドラッグクイーンがたくさん見れるみたいなので、興味がある方は一度足を運んでみて下さい。

【以下引用】
【住所】
大阪市北区兎我野町9-23ジュラクビルB1
【TEL/FAX】
06-6312-1778
【営業時間】
月~木:18:00~3:00
金・土・祝前日:18:00~5:00
日・祝:18:00~0:00
(ラストオーダーは30分前となります)
【DRAGQUEEN SHOW TIME】
平日 22:00/金、土、祝前 22:00 & mid night
【CHARGE】
金土祝前日/500yen
【引用元:do with cafe公式サイト】

芸風

同じ女装家系のオネエキャラとして活躍中のマツコ・デラックスとミッツ・マングローブは鋭い切り口の毒舌キャラとしてブレイクしましたが、ナジャ・グランディーバの芸風はどのようなタイプなのでしょうか。

フライデーの取材に対してナジャはこのように語っています。

【以下引用】
「森(喜朗)さんみたいに、悪気がないのにニュースでツギハギにされて批判されちゃう人はかわいそうやね。オネエはみんな毒舌だと思われがちやけど、アタシは”のんびりオネエ”でいきたいの」
【引用元:フライデー】

と、『のんびりオネエ』を公言しています。

今までIKKOを始め、はるな愛など、比較的騒がしい芸風の人達が多かったオネエタレントですので、ナジャの『のんびりオネエ』というのは新たな切り口として一世を風靡できるのでしょうか。

今後も注目が集まっています。

まとめ

  • ナジャ・グランディーバは関西NO.1の女装家
  • 太田プロに所属して東京進出
  • 働くお店は『do with cafe』
  • 芸風は『のんびりオネエ』
Sponsored Link

関連記事一覧